BlackRockのeFront、プライベートマーケット投資家向けESGデータでClarity AIと提携

BlackRockのeFront、プライベートマーケット投資家向けESGデータでClarity AIと提携

8月8日、ESG分析およびデータサイエンス・プラットフォームであるClarity AIは、BlackRockのオルタナティブ投資管理プラットフォームであるeFrontと新たに提携し、民間市場の投資家がオルタナティブ投資ポートフォリオのサステナビリティ評価を定量的に作成できるようにすると発表した。

両社によると、本パートナーシップは、上場企業以外のサステナビリティ指標のギャップを解決し、LP、GP、投資先企業間のコミュニケーションを促進することを目的としている。

Clarity AIは、投資家がポートフォリオの影響を管理できるように設計された、純粋な影響評価・査定技術プラットフォームだ。本プラットフォームは、ビッグデータと機械学習を使用して、実用的なサステナビリティとインパクトのインサイトを作成し、これらを企業、国、地方自治体などのユニークで幅広いユニバースに展開し、SFDRやEUタクソノミ規制で求められるような新しいサステナビリティ開示義務に対応できるように規制と顧客報告をサポートする。

BlackRockは2021年1月にClarity AIへの投資を発表し、その後12月に同社に対する5000万ドル(約67億円)の資金調達ラウンドに参加した。BlackRockは、 Clarity AIの機能を自社の投資専門家向けオペレーティングシステム「アラジン」に統合し、最近、Clarity AIのプラットフォームを活用して、EUのSFDRフレームワークのエンタープライズレポーティングをサポートすると発表した。

【関連記事】SoftbankとBlackRock、サステナビリティ・データ&アナリティクス・プラットフォーム「Clarity AI」に出資

新しいパートナーシップの下、 eFrontのサステナビリティサービスを選択したLPは、ポートフォリオに関連するクラリティAIのESGデータにアクセスし、そのデータを報告書内で活用できるようになる。一方GPは、企業、ファンド、ポートフォリオレベルの分析およびベンチマーク、さらに排出量や総エネルギー消費量などの主要なサステナビリティ指標を生成することができるようになる。

【参照ページ】
(原文)Clarity AI partners with BlackRock’s eFront
(日本語訳)クラリティAI、ブラックロックのeFrontと提携

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る