BlackRockのeFront、プライベートマーケット投資家向けESGデータでClarity AIと提携

BlackRockのeFront、プライベートマーケット投資家向けESGデータでClarity AIと提携

8月8日、ESG分析およびデータサイエンス・プラットフォームであるClarity AIは、BlackRockのオルタナティブ投資管理プラットフォームであるeFrontと新たに提携し、民間市場の投資家がオルタナティブ投資ポートフォリオのサステナビリティ評価を定量的に作成できるようにすると発表した。

両社によると、本パートナーシップは、上場企業以外のサステナビリティ指標のギャップを解決し、LP、GP、投資先企業間のコミュニケーションを促進することを目的としている。

Clarity AIは、投資家がポートフォリオの影響を管理できるように設計された、純粋な影響評価・査定技術プラットフォームだ。本プラットフォームは、ビッグデータと機械学習を使用して、実用的なサステナビリティとインパクトのインサイトを作成し、これらを企業、国、地方自治体などのユニークで幅広いユニバースに展開し、SFDRやEUタクソノミ規制で求められるような新しいサステナビリティ開示義務に対応できるように規制と顧客報告をサポートする。

BlackRockは2021年1月にClarity AIへの投資を発表し、その後12月に同社に対する5000万ドル(約67億円)の資金調達ラウンドに参加した。BlackRockは、 Clarity AIの機能を自社の投資専門家向けオペレーティングシステム「アラジン」に統合し、最近、Clarity AIのプラットフォームを活用して、EUのSFDRフレームワークのエンタープライズレポーティングをサポートすると発表した。

【関連記事】SoftbankとBlackRock、サステナビリティ・データ&アナリティクス・プラットフォーム「Clarity AI」に出資

新しいパートナーシップの下、 eFrontのサステナビリティサービスを選択したLPは、ポートフォリオに関連するクラリティAIのESGデータにアクセスし、そのデータを報告書内で活用できるようになる。一方GPは、企業、ファンド、ポートフォリオレベルの分析およびベンチマーク、さらに排出量や総エネルギー消費量などの主要なサステナビリティ指標を生成することができるようになる。

【参照ページ】
(原文)Clarity AI partners with BlackRock’s eFront
(日本語訳)クラリティAI、ブラックロックのeFrontと提携

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る