Fitch、企業信用格付けプロセスにおける気候変動脆弱性スコアの利用を提案

2月15日、信用格付会社Fitch Ratingsは、非金融業の企業信用格付において、信用に関わる可能性のある気候関連リスクを特定するプロセスを強化するため、低炭素化リスクに対するセクターのエクスポージャーを検証する気候脆弱性スコアを使用する計画を発表した。

Fitchの気候変動脆弱性スコアは、2025年から2050年にかけての急速な低炭素化に対するセクター、企業、債券の信用度への影響について、フィッチの見解を示すものである。Fitchによれば、本スコアは、様々な満期や戦略の商品に対する影響を認識した上で、移行リスクを長期的に捉え、これらのリスクを管理し、証券選択、ポートフォリオ管理、リスク管理、モニタリングおよびレポーティングを支援するという投資家のニーズに応えて開発されたものだという。

Fitchは、新しい手法の提案の結果、格付けが変更される発行体はないと考えているが、本提案により、気候変動政策の加速による影響を特定し、それに対応するために、利用者がより強い立場に立つことを期待していると述べた。

【参照ページ】
(原文)Climate Vulnerability in Corporate Ratings – Discussion Paper

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る