ジェネレート・キャピタル、2,000億円超の資本コミットメントを調達

クリーンエネルギー投資、2023に急増-それでもネット・ゼロには届かず:BloombergNEF

1月31日、持続可能なインフラ開発会社ジェネレート・キャピタルは、機関投資家や年金基金から15億ドル(約2,196億円)の資本コミットメントを調達したと発表した。新規投資家にはカリフォルニア州教職員退職年金制度(CalSTRS)やオーストラリアのスーパーアニュエーションファンドHESTAが含まれ、復帰投資家にはQICやAustralianSuperなどの投資家が含まれる。

サンフランシスコを拠点とするジェネレートは2014年に設立され、持続可能な資源インフラの構築、所有、運営、融資を行っている。主要カテゴリーは、エネルギー効率と貯蔵、燃料電池、グリーン水素、太陽光などの分野を含む「持続可能な電力」、充電ステーション、EV、水素自動車、持続可能な燃料などの「持続可能なモビリティ」、バイオガス、RNG、精密農業、炭素回収と貯蔵、リサイクルなどのプロジェクトを含む「持続可能な水と廃棄物」、そして「持続可能な都市」の4つ。

設立以来、ジェネレート・キャピタルは100億ドル(約1兆円)以上を調達し、320GWh以上の持続可能な電力の生産と715Kt以上の有機廃棄物の処理を支援してきた。

新たな投資に加え、ジェネレート・キャピタルはCalSTRSとの戦略的パートナーシップの開始も発表した。

【参照ページ】
(原文)Leading Global Institutions Invest in a Clean Energy Future With Generate Capital

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る