ダノン、Brightseedとパートナーシップを拡大

danone

8月4日、世界的な食品・飲料企業であるダノン社とバイオサイエンス企業であるBrightseed社は、パートナーシップを締結したと発表した。

今回のパートナーシップは、昨年のDanone North America社とBrightseed社のパートナーシップを発展させたもので、AI等の技術を利用し、より健康的で再生可能なフードシステムの確立を目指す。

両社は、ダノンの植物原料に含まれる生理活性物質と人間の健康との間の新たな生物学的関係を特定することに注力してきたが、Foragerは、わずか数ヶ月の間に、1つの植物からこれまで知られていたよりも10倍も多くの生理活性物質を発見し、7つの新しい健康分野を発見する成果を上げている。

植物に含まれる生物活性化合物は、人間に大きな健康上のメリットをもたらすが、現在科学的に解明されているのは、これらの化合物の1%にも達していない。
BrightseedのForager機能により、世界の食糧供給の要である植物がどのように健康を維持しているのかをより深く理解することで、植物を利用したイノベーションの新たな分野を切り開くことができると両社は述べている。

【参照ページ】
(原文)Danone and Brightseed Expand Partnership To Discover Health Benefits in Plants Using Artificial Intelligence
(日本語訳)Danone and Brightseed Expand Partnership To Discover Health Benefits in Plants Using Artificial Intelligence

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る