欧州銀行監督機構、ESGリスク・情報開示・グリーンウォッシュへの対応策を発表

欧州銀行監督機構、ESGリスク・情報開示・グリーンウォッシュへの対応策を発表

12月13日、欧州銀行監督機構(EBA)は、新しい「サステナブル・ファイナンスに関するロードマップ」を発表し、サステナブル・ファイナンス分野と銀行の枠組みにおけるESGリスク統合の支援と監視における、3年間の優先事項と計画の詳細を明らかにした。

EBAの新しいロードマップでは、ESG課題の透明性の向上、金融機関のリスク管理フレームワークへのESG関連リスクの組み込み、グリーンウォッシュリスクへの対応などを重点分野として掲げている。

EBAによると、新しいロードマップは、「ESGリスクが銀行を含む金融セクターのリスク状況を変化させており、すべてのステークホルダーによる積極的な行動を求めている」こと、また、規制・監督当局がESGリスクがもたらす課題に取り組み、「より強靭で持続可能な欧州金融セクターへの移行を支援する」という役割を担っていることから、作成された。

ロードマップは、透明性と開示、リスク管理と監督、エクスポージャーのプルデンシャル処理、ストレステスト、基準とラベル、グリーンウォッシュ、監督報告、ESGリスクとサステナブル・ファイナンスの監視などの分野にわたって、今後3年間におけるEBAのアクションの主要目標を概説する。

EBAは、銀行のESGリスクと幅広いサステナビリティ開示の開発と実施を継続することが重要な優先事項の1つであると述べている。ロードマップで強調されている追加のアクションには、金融機関がESGリスクを厳しく管理するためのEUレベルの統一規則の策定、気候ストレステストのさらなる開発、ESG問題に関連するエクスポージャーの専用のプルデンシャル処理が妥当であるかどうかの検討、ESG基準およびラベルの評価、グリーンウォッシュリスクへの対処方法の特定、リスク評価およびモニタリングのためのストレステストおよびシナリオ分析の利用が含まれている。

【参照ページ】
(原文)The EBA publishes its roadmap on sustainable finance
(日本語参考訳)欧州銀行監督機構、ESGリスク・情報開示・グリーンウォッシュへの対応策を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る