SBTi、農林業・土地利用セクターの科学的根拠に基づく気候目標のガイダンスを発表

9月28日、Science Based Targets initiative(SBTi)は、土地利用型セクターの企業が世界の気候目標に沿った科学的根拠に基づく排出削減目標を設定するための標準的な方法を提供する、「森林、土地、農業(FLAG)科学的根拠に基づく目標設定ガイダンス」を発表した。

SBTiは昨年、企業のネット・ゼロ・エミッション達成への取り組みを評価・認証する「ネット・ゼロ基準」を発表し、今年初めには「金融機関向けネット・ゼロ基準」の草案を発表した。SBTiは、FLAG、航空・海上、セメント、鉄鋼、建築、化学など特定のセクター向けにガイダンスやリソースの範囲を拡大する計画を明らかにした。

【関連記事】SBTi、企業のネット・ゼロ目標を評価・認証する規格を発表

SBTiは、本セクターの多くの企業がネット・ゼロ目標を設定している、または設定を約束している一方で、多くの企業は現在、林業や農業生産、土地利用の変化、土地管理から生じる排出など、土地由来の排出量を考慮していないと指摘している。

新しいガイダンスは、企業が科学的根拠に基づき、土地からの排出削減・除去を含む目標を設定するための、初めての標準的な方法だ。また、同ガイダンスでは、炭素除去活動による大きな緩和の可能性に着目し、土壌の炭素貯留や森林管理の改善といったGHG除去を短期目標に計上するよう企業に求めているが、除去は排出量の大幅削減に代わるものではないことに留意している。

【参照ページ】
(原文)The SBTi launches the world’s first standard method to cover land-related emissions and removals
(日本語訳)SBTi、農林業・土地利用セクターの科学的根拠に基づく気候目標のガイダンスを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る