SBTi、農林業・土地利用セクターの科学的根拠に基づく気候目標のガイダンスを発表

9月28日、Science Based Targets initiative(SBTi)は、土地利用型セクターの企業が世界の気候目標に沿った科学的根拠に基づく排出削減目標を設定するための標準的な方法を提供する、「森林、土地、農業(FLAG)科学的根拠に基づく目標設定ガイダンス」を発表した。

SBTiは昨年、企業のネット・ゼロ・エミッション達成への取り組みを評価・認証する「ネット・ゼロ基準」を発表し、今年初めには「金融機関向けネット・ゼロ基準」の草案を発表した。SBTiは、FLAG、航空・海上、セメント、鉄鋼、建築、化学など特定のセクター向けにガイダンスやリソースの範囲を拡大する計画を明らかにした。

【関連記事】SBTi、企業のネット・ゼロ目標を評価・認証する規格を発表

SBTiは、本セクターの多くの企業がネット・ゼロ目標を設定している、または設定を約束している一方で、多くの企業は現在、林業や農業生産、土地利用の変化、土地管理から生じる排出など、土地由来の排出量を考慮していないと指摘している。

新しいガイダンスは、企業が科学的根拠に基づき、土地からの排出削減・除去を含む目標を設定するための、初めての標準的な方法だ。また、同ガイダンスでは、炭素除去活動による大きな緩和の可能性に着目し、土壌の炭素貯留や森林管理の改善といったGHG除去を短期目標に計上するよう企業に求めているが、除去は排出量の大幅削減に代わるものではないことに留意している。

【参照ページ】
(原文)The SBTi launches the world’s first standard method to cover land-related emissions and removals
(日本語訳)SBTi、農林業・土地利用セクターの科学的根拠に基づく気候目標のガイダンスを発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    2022-11-24

    SEC、ゴールドマン・サックス証券をESG投資方針に従わないとして起訴

    11月22日、米国証券取引委員会(SEC)は、ゴールドマン・サックスの資産運用部門が、一部のESG…
  2. スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    2022-11-24

    スイス、上場企業・銀行に対する気候変動報告義務化法を採択

    11月23日、スイス政府の連邦評議会で新たな法律が可決され、スイスの大企業および金融機関は、気候関…
  3. 米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    2022-11-24

    米国労働省、退職年金制度における気候変動・ESG投資を認める

    11月22日、米国労働省(DOL)は、民間雇用者主催の退職年金制度(ERISA)において気候・ES…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る