ベゾス・アース・ファンド、AIを活用した気候・自然ソリューションに約154億円を投資

ベゾス・アース・ファンド、AIを活用した気候・自然ソリューションに約154億円を投資

4月16日、ベゾス地球基金は、気候変動と自然喪失への対処を目的としたAIベースのソリューションを推進するため、最大1億ドル(約154億円)の助成を予定している「AI for Climate and Nature Grand Challenge」の開始を発表した。

ベゾス地球基金は、アマゾン創業者ジェフ・ベゾスが100億ドル(約1.5兆円)の慈善資金を拠出して2020年に設立された基金で、気候変動と闘い、自然を保護するための解決策を推進する科学者、活動家、NGOなどに資金を提供することを目的としている。同基金は現在までに230件以上の助成金を提供し、約20億ドル(約3,091億円)を割り当てており、2030年までに100億ドル(約1.5兆円)の誓約を完全に実行することを目指している。

同基金によると、このチャレンジには優先分野を対象とした一連のラウンドがあり、最初のラウンドでは、持続可能なタンパク質、生物多様性の保全、送電網の最適化などの主要分野における解決策に焦点が当てられ、3つの重点分野以外の強力なアイデアを対象とした「ワイルドカード」カテゴリーも含まれる。各ラウンドには2つの資金提供の機会があり、第1段階では、重点分野に取り組む有望なAIのアイデアに最大30件のシードグラントが授与され、受賞者は、第2段階では、メンターシップ、テクノロジーリーダーからの支援、コンピューティングインフラや関連データセットへのアクセスに加えて、コンセプトを実行可能なソリューションに成長させるために最大200万ドル(約3兆円)の助成金に応募する資格が与えられる。

同基金によると、チャレンジへの応募は2024年5月に開始され、第1段階の受賞者はベゾス地球基金-TEDのイベントで発表される。

【参照ページ】
(原文)Bezos Earth Fund Announces $100 Million for AI Solutions to Tackle Climate Change and Nature Loss
(日本語参考訳)ベゾス地球基金、気候変動と自然喪失に取り組むAIソリューションに1億ドルを拠出すると発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る