世界経済フォーラム、メタバースの構築に関する新たなイニシアティブを発表

世界経済フォーラム、新たなイニシアティブを発表。

5月25日、世界経済フォーラム(WEF)は、新たなイニシアティブ「メタバースの定義と構築(Defining and Building the Metaverse)」を発表した。本イニシアティブは、経済的に実現可能で、相互運用性が高く、安全で包括的なメタバースを構築するために、主要なステークホルダーを結集するものだ。調査によると、メタバースは2024年までに8,000億ドル(約100兆円)規模の市場に成長すると予想されている。

初期段階では、メタバースは研究、革新、投資、政策によってさまざまに発展する可能性がある。この新たなイニシアティブでは、60以上の主要なテクノロジーおよびその他の分野の企業が、専門家、学者、市民社会とともに招集され、メタバースのためのガバナンスと政策の枠組みの開発を加速させ、経済的・社会的価値創造の機会を強化することを目的としている。

本イニシアティブでは、2つの主要な分野に焦点を当てる。1つ目の重点分野は、メタバースのガバナンスで、メタバースの技術や環境をいかに安全、安心、相互運用、包括的な方法で開発できるかだ。2つ目は、価値創造に焦点を当て、メタバースが実現したときに企業、個人、社会が遭遇するインセンティブとリスクを特定する。また、バリューチェーンがどのように破壊され、産業が変革され、新たな資産が創出され、権利が保護されるかも概説する。

「メタバースの定義と構築」イニシアティブは、メタバースを倫理的かつ責任を持って構築するための不可欠なツールキットを業界に提供する。

【参照ページ】
(原文)New Initiative to Build An Equitable, Interoperable and Safe Metaverse
(日本語訳)公平で相互運用性の高い安全なメタバース構築のための新しいイニシアチブ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る