BlackRock、Exxon・Chevron・Shellの株主総会で気候変動に関する決議案の削減を支持

5月31日、投資大手のBlackRockは、エネルギー大手のExxon Mobil、Chevron、Shellの年次総会における今年の投票記録の概要をまとめた最新情報を公表し、資産運用会社が今年、各社の気候関連議案を支持した割合が過去に比べて低いことを明らかにした。

BlackRock Investment Stewardship(BIS)の投票速報は、BISが最近発表した2022年の委任状提出シーズンの株主提案に関する報告書に続き、今年はESGに焦点を当てた「質の異なる」提案が増加したと指摘し、本決定は、ロシアのウクライナ侵攻後のエネルギーダイナミクスの変化により、企業が複数のエネルギー源に投資するという近い将来の必要性に基づいているとの見方を示している。

昨年の Exxonの年次総会では、 BlackRock は気候変動関連の株主提案に賛成した。その中には、エネルギー転換に関連する業界経験を持つ取締役3名の選出を求める活動家投資家エンジン・ナンバー1のキャンペーンを支持し、成功を収めたものもある。

先週開催された Exxonの2022年年次総会では、 BlackRock は気候変動関連の決議1件のみを支持し、IEAの「 Net Zero by 2050 」が同社の財務諸表のコスト、見積もり、評価、仮定に与える影響を評価する監査済み報告書を発行するよう要請した。 BlackRockは、報告書の中で、Exxonが同分野の情報開示を改善したことを認めながらも、同社の情報開示を「世界的なエネルギー移行から生じうるリスクをどのように管理・軽減しているかを株主がより理解できるように、合理的に補強することができる」と評価した。本決議は、52%の株主の支持を得て可決された。

【参考記事】投資運用会社Schroders、Exxon・Shell・Chevronに気候変動対策を求める

BlackRock は、Exxonの他の株主総会決議案(”会社の排出量と炭化水素販売量の削減”、”低炭素事業計画の報告”、”プラスチック生産の削減に関する報告 “など)にも反対票を投じている。BIS は、その通達の中で、上記の提案は過度に規範的で経営陣を拘束し、常に有用な情報をもたらすとは限らないと判断し、決議に反対する理由を述べている。また、BlackRock は、特に石油・ガス会社において、スコープ3排出量の評価・測定が現在複雑であることから、スコープ3排出量の目標を求める決議には現在賛同していない。これらの決議は、いずれも株主の過半数の支持を得ていない。

ChevronとShellの総会では、 BlackRock は、スコープ1、2、3の温室効果ガスの削減目標を設定するよう求める決議を支持しなかった。Chevronでは、IEAが提唱する「Net Zero by 2050」の影響を報告するよう求める議案に反対票を投じ、同社のTCFD報告書には既にこの分析が含まれていると指摘した。 BlackRock は、Chevronのメタン排出量開示の信頼性について報告するよう求める決議には賛成した。

【参照ページ】
(原文)BlackRock Supports Fewer Climate Resolutions at Exxon, Chevron
(日本語訳)BlackRock、Exxon・Chevron・Shellでより少ない気候変動に関する決議を支持

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る