投資運用会社Schroders、Exxon・Shell・Chevronに気候変動対策を求める

5月23日、グローバルな投資運用会社であるSchroders(以下、シュローダー)は、エネルギーメジャーであるエクソンモービル、シェル、シェブロンに対し、気候変動対策と透明性を求める株主決議の支持を発表した。本発表は、BP、ConocoPhilips、Occidental Petroleum、Phillips 66の決議に関するSchrodersの同様のアクションに続くものだ。

各決議案は、各社の事業やエネルギー製品を含むスコープ1、2、3の温室効果ガス排出量を削減するため、パリ協定に基づく目標を設定するよう要請する。

本発表は、シュローダーが先月発表した「エンゲージメント・ブループリント」に続くもので、アクティブ・オーナーシップのビジョンと、一連の主要な持続可能性問題に関して投資先企業に関与するアプローチを概説している。シュローダーによると、アクティブ・オーナーシップは顧客に提供する価値の重要な要素であり、環境および社会の変化への適応を経営陣に促し、その責任を果たすことに重点を置いたエンゲージメントであるという。

シュローダーは、各決議案を支持する一方で、各社が示す野心のレベルが異なることに言及し、特にScope 3目標を設定していない企業には、より野心的な気候変動対策計画を要請している。

【参照ページ】
(原文)Schroders urges oil & gas majors to publish climate targets consistent with Paris Agreement
(日本語訳)シュローダーは、石油・ガス専攻にパリ協定と一致する気候目標を公表するよう要請する

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る