投資運用会社Schroders、Exxon・Shell・Chevronに気候変動対策を求める

5月23日、グローバルな投資運用会社であるSchroders(以下、シュローダー)は、エネルギーメジャーであるエクソンモービル、シェル、シェブロンに対し、気候変動対策と透明性を求める株主決議の支持を発表した。本発表は、BP、ConocoPhilips、Occidental Petroleum、Phillips 66の決議に関するSchrodersの同様のアクションに続くものだ。

各決議案は、各社の事業やエネルギー製品を含むスコープ1、2、3の温室効果ガス排出量を削減するため、パリ協定に基づく目標を設定するよう要請する。

本発表は、シュローダーが先月発表した「エンゲージメント・ブループリント」に続くもので、アクティブ・オーナーシップのビジョンと、一連の主要な持続可能性問題に関して投資先企業に関与するアプローチを概説している。シュローダーによると、アクティブ・オーナーシップは顧客に提供する価値の重要な要素であり、環境および社会の変化への適応を経営陣に促し、その責任を果たすことに重点を置いたエンゲージメントであるという。

シュローダーは、各決議案を支持する一方で、各社が示す野心のレベルが異なることに言及し、特にScope 3目標を設定していない企業には、より野心的な気候変動対策計画を要請している。

【参照ページ】
(原文)Schroders urges oil & gas majors to publish climate targets consistent with Paris Agreement
(日本語訳)シュローダーは、石油・ガス専攻にパリ協定と一致する気候目標を公表するよう要請する

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る