ESGデータプラットフォームESG Book、約47億円を調達

6月23日、サステナビリティ・データ&テクノロジー企業のESG Bookは、同社のESGデータ・プラットフォームの採用を促進し、新しい製品分野への進出を支援する目的で、シリーズB資金調達ラウンドで3,500万ドル(約47億円)を調達したと発表した。

今回の資金調達ラウンドは、投資会社のエナジー・インパクト・パートナーズ(EIP)が、投資管理会社のメリディアム、世界的な保険会社で資産運用会社のアリアンツのデジタル投資部門であるアリアンツXとともに主導したものだ。

ESG Book(旧Arabesque S-Ray)は、ESGデータ管理、開示、分析のためのデジタルプラットフォームである。同社は2018年に設立され、持続可能な投資、アドバイザリー、データサービスを提供する金融テクノロジー企業グループであるアラベスク・グループの子会社として活動している。

ESG Bookプラットフォームは、金融機関、投資家、持続可能な投資に特化したサービスプロバイダーの同盟によって2021年12月に立ち上げられ、アクセス可能で透明性が高く、比較可能なESGデータの中心的ソース提供を目指している。ESG Bookは、すべての企業、投資家、基準設定者、ステークホルダーが利用できるように作られ、人権、労働、環境、腐敗防止を包含する国連グローバルコンパクトの原則を支持している。

今回の資金調達ラウンドで得た資金は、ESG bookの次世代技術能力を向上させ、クライアントがますます複雑化するサステナビリティの要件に対応できるようにし、同社の事業拡大を進めるために使用される。

【参照ページ】
(原文)Sustainability data firm ESG Book raises $35 mln in latest round
(日本語訳)ESGデータプラットフォームESG Bookが3,500万ドルを調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る