エネルギー企業Air Liquide・Siemens Energy、水素製造技術の拡大で提携

6月23日、ガス、テクノロジー、サービスのリーディングカンパニーであるAir Liquide(エア・リキード)とエネルギー技術企業のSiemens Energy(シーメンス・エナジー)は、欧州における持続可能な水素経済の実現を目指し、産業規模の再生可能水素電解槽の製造を目的とした新しいジョイントベンチャーの設立を発表した。

水素は、クリーンなエネルギーへの移行において重要な構成要素のひとつと考えられており、特に、風力や太陽光などの再生可能エネルギーでは排出量の削減が困難なセクターにおいて重要な役割を担う。クリーンな水素の供給には、インフラ、電解、輸送などの分野で大規模な投資が必要だ。

クリーン水素の製造に必要な主要技術のひとつが電気分解で、これは水中の水素分子と酸素分子を分離するプロセスだ。エア・リキードによると、再生可能エネルギーと組み合わせることで、電解槽はモビリティや産業分野を含むさまざまな用途に低炭素水素を供給できる。

エア・リキードによると、本パートナーシップは、両社のパイプラインを組み合わせた水素プロジェクトのポートフォリオから恩恵を受け、顧客との協力による大規模な産業用水素プロジェクトをターゲットにする。

新合弁会社の下での生産は2023年後半に開始され、2025年には年間3ギガワットの生産能力につながる見込み。

【参照ページ】
(原文)Air Liquide and Siemens Energy form a joint venture for the European production of large-scale renewable hydrogen electrolyzers
(日本語訳)Air Liquide・Siemens Energy、再生可能エネルギーによる水素製造技術の拡大で提携

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る