PRI、投資家向け責任投資報告の枠組みを更新

PRI、投資家向け責任投資報告の枠組みを更新

1月19日、責任投資原則(PRI)は、新しい報告枠組みを発表した。本枠組みは、PRIの投資家およびアセットオーナーの署名機関に対して、最新の報告プロセスを規定するものである。

責任投資原則は、投資家がESG要素を投資プロセスに組み込むことを支援するために、2006年に投資家の署名団体によって設立され、国連もこれを支持している。この目標を達成するために、PRIグループは、投資プロセスや署名者自身の所有権に関する方針と実践にESG課題を組み込むことを含め、投資家が従うべき一連の具体的かつ自主的で意欲的な原則を定めた。また、PRIの署名機関は、責任ある投資活動について、さまざまな指標に基づき毎年報告することが求められている。

報告プロセスは、2021年以降、フレームワークの更新のために保留されている。新しいフレームワークの公開に伴い、報告サイクルは2023年5月に再び開始される予定である。

PRIの報告枠組みへの変更は、過去数年間、特に2012年に現在の形式でPRI報告が行われて以来、署名機関が直面している規制上の要求の増加や、市場ごとに異なる要求や期待など、断片化した世界の情勢を反映したものである。PRIによると、新しいフレームワークは、どこが進歩し、どこがさらなる努力を必要としているかを強調した報告プロセスを提供することを目的としている。

変更点としては、用語の更新や質問事項の曖昧さの最小化による明確性の向上、一貫性と適用性の向上、TCFN、TNFD、ISSBなど他のサステナビリティ報告フレームワークとの整合性を高めるための一部セクションの再構築が挙げられる。

また、人権に焦点を当てた新しい自主的な指標の導入など、責任ある投資環境における新たなテーマを反映させるための変更も盛り込まれている。これらの変更は、PRIが2021-2024年戦略計画で強調した優先分野を反映している。

【参照ページ】
(原文)US municipal bonds well-placed for thematic ESG investing, new PRI report says
(日本語参考訳)PRI、投資家向け責任投資報告の枠組みを更新

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る