コカ・コーラ・ヨーロッパパシフィック・パートナーズ、サステナビリティ連動型サプライチェーンファイナンスプログラムを開始

コカ・コーラ・ユーロパシフィック・パートナーズ、サステナビリティ連動型サプライチェーンファイナンスプログラムを開始

8月17日、世界最大のコカ・コーラボトラーであるコカ・コーラ・ヨーロッパパシフィック・パートナーズ(CCEP)は、オランダのラボバンクと共同で、ESGパフォーマンスを向上させたサプライヤーに報いるサステナビリティ連動型の新しいサプライチェーン融資プログラムを開始すると発表した。

新プログラムでは、サプライヤーがサステナビリティに関連する様々なKPIを満たすことで、当初の資金調達率に対する割引が解除され、それに連動した資金が提供される。また、このKPIは、企業の持続可能性評価プロバイダーであるEcoVadisの評価を通じて、サプライヤーの総合的なESG評価の向上にも貢献する。

本取り組みは、2040年までにネット・ゼロを達成し、2030年までにバリューチェーン全体の温室効果ガス(GHG)排出量を2019年を基準として30%削減するというCCEPの目標を支援するものだ。

CCEPによると、同社の排出量の90%以上はサプライチェーンに起因しており、同社はすでにサプライヤーに対して、2023年までにScience Based Targets Initiative (SBTi) による目標を設定・検証し、2023年までに事業全体で100%再生可能電力を使用することを約束し、二酸化炭素排出量データを共有するなど、一連の排出量削減行動を行うよう求めている。

本プログラムは、まずドイツで開始され、他のヨーロッパ諸国、オーストラリア、ニュージーランドのCCEPのサプライヤーに拡大される予定。ラボバンクは本プログラムの主要融資銀行であり、他の銀行も参加し、本制度が予想される6億ユーロ(約800億円)の資金水準に成長するにつれて、時間をかけて拡大していくことが期待されている。

CCEPは、ラボバンクの社会的インパクトファンドであるRabo Foundationとも提携し、インドネシアで持続可能な手法と農業投入物の導入を推進し、収量を増やして長期的な経済力を高める農民プログラムを支援すると発表した。

【参照ページ】
(原文)Coca-Cola Europacific Partners establishes sustainability-linked Supply Chain Finance Programme with Rabobank
(日本語訳)コカ・コーラ ヨーロッパパシフィック パートナーズ、ラボバンクとサステナビリティに連動したサプライチェーンファイナンスプログラムを設立

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る