コカ・コーラ・ヨーロッパパシフィック・パートナーズ、サステナビリティ連動型サプライチェーンファイナンスプログラムを開始

コカ・コーラ・ユーロパシフィック・パートナーズ、サステナビリティ連動型サプライチェーンファイナンスプログラムを開始

8月17日、世界最大のコカ・コーラボトラーであるコカ・コーラ・ヨーロッパパシフィック・パートナーズ(CCEP)は、オランダのラボバンクと共同で、ESGパフォーマンスを向上させたサプライヤーに報いるサステナビリティ連動型の新しいサプライチェーン融資プログラムを開始すると発表した。

新プログラムでは、サプライヤーがサステナビリティに関連する様々なKPIを満たすことで、当初の資金調達率に対する割引が解除され、それに連動した資金が提供される。また、このKPIは、企業の持続可能性評価プロバイダーであるEcoVadisの評価を通じて、サプライヤーの総合的なESG評価の向上にも貢献する。

本取り組みは、2040年までにネット・ゼロを達成し、2030年までにバリューチェーン全体の温室効果ガス(GHG)排出量を2019年を基準として30%削減するというCCEPの目標を支援するものだ。

CCEPによると、同社の排出量の90%以上はサプライチェーンに起因しており、同社はすでにサプライヤーに対して、2023年までにScience Based Targets Initiative (SBTi) による目標を設定・検証し、2023年までに事業全体で100%再生可能電力を使用することを約束し、二酸化炭素排出量データを共有するなど、一連の排出量削減行動を行うよう求めている。

本プログラムは、まずドイツで開始され、他のヨーロッパ諸国、オーストラリア、ニュージーランドのCCEPのサプライヤーに拡大される予定。ラボバンクは本プログラムの主要融資銀行であり、他の銀行も参加し、本制度が予想される6億ユーロ(約800億円)の資金水準に成長するにつれて、時間をかけて拡大していくことが期待されている。

CCEPは、ラボバンクの社会的インパクトファンドであるRabo Foundationとも提携し、インドネシアで持続可能な手法と農業投入物の導入を推進し、収量を増やして長期的な経済力を高める農民プログラムを支援すると発表した。

【参照ページ】
(原文)Coca-Cola Europacific Partners establishes sustainability-linked Supply Chain Finance Programme with Rabobank
(日本語訳)コカ・コーラ ヨーロッパパシフィック パートナーズ、ラボバンクとサステナビリティに連動したサプライチェーンファイナンスプログラムを設立

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る