英政府、バイオマスから水素を製造するBECCS技術への大型補助金の提供を開始

英政府、バイオマスから水素を製造するBECCS技術への大型補助金の提供を開始

1月12日、英政府は持続可能なバイオマスや廃棄物からクリーンエネルギーである水素を製造する革新的な技術の開発を支援する新しいプログラムを開始しました。

500万ポンド(約7億6,440万)の政府資金を提供する「水素BECCSイノベーションプログラム」は、BECCS(Bioenergy with Carbon Capture and Storage)により生成される水素を製造する技術の開発を支援するものです。BECCSプロセスによって、バイオマスや廃棄物から水素を製造し、その過程で放出される炭素を回収・貯蔵することが可能になる。

本プログラムにおいて、英政府は、関連する技術開発に関し、フェーズ1で合計500万ポンド(約7.8億円)の補助金予算を用意している。中小企業、大企業、研究機関、大学などから応募があり、新たに500万ポンドの政府資金を獲得するための入札が可能となる。1件毎の助成額は最大25万ポンド(約3,900億円)であり、補助対象は、原料素材の事前処理技術、ガス化関連技術、バイオ水素生成技術の3分野である。フェーズ1に続き、さらなる資金を提供するフェーズ2が開始される予定である。

本プログラムは、英国のグリーン産業革命の一環として、低炭素の水素セクターを発展させるという政府の計画を支援するものである。燃焼時に水蒸気しか排出しないクリーンな燃料である水素は、ネット・ゼロへの移行において重要な役割を担っており、輸送や重工業など脱炭素化が困難な分野からの排出を減らすのに役立つ可能性がある。

本プログラムは英国がネット・ゼロへの道を進むのを助けるとともに、新しいグリーン雇用を提供し、民間投資を促進する。

【参照ページ】
(原文)Government launches new scheme for technologies producing hydrogen from biomass
(日本語訳)英政府、バイオマスから水素を製造する技術に対する新たなスキームを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る