NGO、ブラジルでの海底石油・ガス開発で保険会社を糾弾。対象に東京海上HDも

1月20日、Insure Our Futureは、ブラジルの海底石油・ガス掘削への損害保険提供に関する報告書「Fueling Climate Change: The Insurers Behind Brazil’s Offshore Oil Expansion」を発表した。本報告書によると、ブラジルの海洋石油ガス掘削の大部分を保険で賄っているのは、Chubb、MAPFREに並んで、東京海上ホールディングスが多いことが明らかになった。

同報告書では、ブラジルの国営石油ペトロブラスは海洋石油・ガス事業を大規模に拡大する計画であり、化石燃料の拡大を直ちに停止すべき科学的コンセンサスと真っ向から対立するものであると糾弾している。

ブラジルの海洋石油埋蔵量の多くは、アマゾン川河口からカリブ海まで1,000キロ以上にわたって広がり、多くの絶滅危惧種が生息する大アマゾン礁のような脆弱な生態系の中にある。Chubb、MAPFRE、東京海上日動などの保険に加入しているペトロブラスは、珊瑚礁付近のまだ手つかずの地域に多数の利権を所有している。

石油・ガス部門の拡大は、ブラジルのパリ協定目標達成を妨げるだけでなく、伝統的漁民、キロンボラス、先住民など、すでに脆弱な状況にある数百万人のブラジル人の生活に悪影響を与える可能性を孕んでいる。

保険会社が支援を拒否すれば、石油・ガスプロジェクトやそれに伴う流出事故は起きないとされる。すでに35の保険会社が石炭への補償を制限した結果、補償額が減少し、保険料が高騰し、補償をまったく受けられないプロジェクトも出てきている。保険会社は、10社の保険会社が市場の70%以上を支配している石油・ガスにも同じような影響を与える可能性がある。

Insure Our Futureキャンペーンは、保険会社に対し、ブラジル沿岸およびそれ以遠の新規および拡張石油・ガスプロジェクトへの保険を直ちに停止し、影響を受けたコミュニティがすでに被った損失と損害に対して賠償金を支払うよう求めている。

【参照ページ】
(原文)DOCUMENTS REVEAL CHUBB, MAPFRE & TOKIO MARINE BACKING MASSIVE OFFSHORE OIL EXPANSION IN BRAZIL
(日本語訳)Insure Our Future、ブラジルでの海底石油・ガス開発で保険会社を糾弾

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る