NIKE、カーボン・ネガティブなバイオマテリアルの使用を検討し、排出量の削減を目指す

NIKE

バイオテクノロジー企業であるNewlight Technologies社は、バイオベースの素材を使用することで、スポーツシューズ、アパレル、機器、アクセサリーの大手企業であるナイキの二酸化炭素排出量を削減することを目的としたパートナーシップを締結したことを発表した。

この新しいパートナーシップのもと、ナイキはNewlight社のエアカーボンの使用を検討する。エアカーボンは、海に生息し空気や温室効果ガスを食べて細胞内で変換する天然の


以降のコンテンツは無料会員登録を行うと閲覧可能になります。無料会員登録を行う

すでに登録済みの方はログイン画面へ

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る