OP Financial、融資および投資ポートフォリオにおける排出量を削減し、サステナブルファイナンスを促進

OP Financial、融資および投資ポートフォリオの排出量を削減し、サステナブルファイナンスを促進

8月31日、フィンランドに本拠を置く金融サービス企業であるOP Financial Groupは、新たなサステナビリティプログラムを立ち上げ、融資および投資ポートフォリオにおける排出量の削減やサステナブルファイナンスの展開を強化する目標など、一連のESG目標を発表した。

新たなプログラムは、「気候と環境」、「人々とコミュニティ」、「コーポレートガバナンス」という3つの主要なサステナビリティテーマを中心に構築されている。

OP Financialのポートフォリオ排出量削減目標には、2030年までに法人向けローンポートフォリオの排出量を25%削減する目標や、OPファンドの温室効果ガス排出量を50%削減する目標が含まれている。また、2050年までに、OPコーポレート・バンクは、コーポレート・ローン・ポートフォリオ、およびOPアセット・マネジメントとOPファンド・マネジメント・カンパニーが運用するファンドにおいて、カーボンニュートラルを約束している。

また、2025年末までに持続可能な金融商品のコミットメントを80億ユーロ以上とする目標や、2030年までに石炭採掘や石炭発電に関連する事業に直接かつ積極的に投資しない約束をしたことも発表された。

本サステナビリティプログラムの社会とガバナンスのテーマにおけるコミットメントには、2025年までに役員を男女各40%以上にするという多様性目標、事業が人権へ及ぼす影響に関する自己評価の実施、2025年までに同社のサプライチェーンにおける契約サプライヤーの100%がサプライヤー行動規範にコミットする目標が含まれている。また、OP Financialは、信頼性が高く理解しやすいサステナビリティ報告書を提供し、来年末までにESG要素をグループのリスク報告書に関連付けることを約束した。

【参照ページ】
(原文)OP Financial Group’s new sustainability programme: A sustainable economy builds on responsibility for the environment, people and corporate governance
(日本語訳)OP Financial Group の新しいサステナビリティプログラムです。持続可能な経済は、環境、人々、コーポレート・ガバナンスに対する責任に基づいて構築されます。

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る