トヨタ、日米のEV用電池容量に50億ドル超を投資

トヨタ、日米のEV用電池容量に50億ドル超を投資

8月31日、自動車大手トヨタは、バッテリー式EVの需要が高まっているとして、米国と日本におけるEV用バッテリー生産能力を増強するために最大7,300億円を投資する計画を発表した。

本発表は、今週2つ目の数十億ドル規模のEV用電池の発表となった。ホンダもパートナーのLG Energy Solutionと共同で、米国にある新しい電池工場に44億ドル(約6,000億円)を投資する計画を明らかにしている。

【関連記事】ホンダとLG、米国のEV用バッテリー工場に約6,000億円を投資

バイデン政権は、2030年までに米国での新車販売台数の半分をゼロエミッション車 (ZEV)にする目標を掲げ、先週はカリフォルニア州で2035年までにすべての新車・ピックアップトラック・SUVの販売をZEVにする計画を承認した。主要自動車メーカーはEVの需要増加に対応するために投資を拡大し、ZEVへのシフトを政府から求められている。

トヨタが今回発表した投資により、日本および米国での電池生産能力は最大40GWh増加する見込み。日本ではPrime Planet Energy & Solutions姫路工場などに約4,000億円、ノースカロライナ州のToyota Battery Manufacturingに約3,240億円を投資する予定だという。

【参照ページ】トヨタ、日米での車載用電池生産に最大7,300億円を投資

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る