英国、食品・ホームケア製品企業に対するグリーンウォッシング調査を開始

英国、食品・ホームケア製品企業に対するグリーンウォッシング調査を開始

1月26日、英国の競争市場庁(CMA)は、グリーンウォッシングへの取り組みを拡大し、食品、飲料、ホームケア製品などを販売する企業が主張するグリーン表示を調査することを発表した。

CMAによると、本調査は、製品やサービスのマーケティングにおいて、消費者がサステナビリティの主張に惑わされていないかどうかを調査する、より幅広いグリーンウォッシング調査の一環をなすものである。規制当局は2021年に、環境に優しい主張を行うための消費者法に基づく原則をまとめた「Green Claims Code」を発表し、誤解を招くグリーン主張の全面的な見直しを始めると企業に通告した。

2022年、CMAはファッション分野の調査を開始し、小売業者のASOS、Boohoo、George at Asdaにおけるグリーンウォッシングの調査につながった。

【関連記事】英国CMA、ファッション小売業者のグリーン・クレームを調査

CMAは、今回の新たな取り組みのもと、食品や飲料、食器洗い機や洗濯用洗剤などの清掃用品、トイレットロールやハンドウォッシュなどのホームケア用品、歯磨き粉や石鹸、シャンプーなどのセルフケア用品を含むFMCG(Fast-moving consumer goods)製品について、グリーンや環境に関する謳い文句の調査を開始すると発表している。

CMAによると、年間1,300億ポンド(約21兆円)以上の売上を誇るこれらの需要の高い必需品は、トイレ用品の100%、食器洗い用品の90%以上を含め、グリーンまたは環境にやさしいものとして販売されていることが非常に多い。

規制当局の評価では、企業がサステナビリティ主張において英国の消費者保護法を遵守しているかどうかを検討し、根拠なく「環境に良い」といった曖昧な表現を使っていること、再生材料の使用や製品のリサイクル性について誤解を招く主張をしていること、”持続可能 “と誤ってブランド化されている製品群などに関する慣行を検証する。

【参照ページ】
(原文)CMA to scrutinise ‘green’ claims in sales of household essentials
(日本語参考訳)英国、食品・ホームケア製品企業に対するグリーンウォッシング調査を開始

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る