インド、2030年までにCO2排出量を45%削減することを約束

8月3日、インド政府は、2030年までにCO2排出量を45%削減し、非化石燃料による電力供給を50%程度にすることを含む一連の新しい気候変動対策を閣議決定したことを発表した。

同国の新たな公約は、インドの最新の「国家決定寄与度(NDC)」の主要な部分となるものであり、ネット・ゼロへの道筋に関する暫定的な約束の概要を示している。

インドの最初のNDCは、2015年に国連気候変動枠組条約(UNFCCC)に提出され、2030年までにGDPのCO2排出量を2005年比で33%~35%削減し、非化石資源による累積電力設備容量を40%達成し、森林と樹木被覆により25億~30億トンのCO2換算量の追加の炭素吸収源を作るという目標が掲げられた。

この新しい目標は、インドがCOP26気候変動会議に参加し、その結果グラスゴー気候協定が締結されたことを受けたもので、この協定では、各国が今後1年間で2030年の排出目標またはNDCを見直し、強化することが求められている。

NDCの更新は、2021年から2030年にかけてのインドのクリーンなエネルギー転換の枠組みを示し、2070年までにネット・ゼロを達成するという同国の目標に向けた一歩となるものである。今回の承認を発表した政府の声明によると、全体として、自動車、低排出ガス製品の生産、超高効率家電、グリーン水素などの技術におけるグリーン雇用の数が増加することが期待されるとのことだ。

【参照ページ】
(原文)India committs to reduce Emissions Intensity of GDP by 45% by 2030
(日本語訳)インド、2030年までにCO2排出量を45%削減することを約束

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る