トロント・ドミニオン銀行、約570億円のグリーンボンドの引受にマイノリティや女性経営の企業を起用

トロント・ドミニオン銀行、約570億円のグリーンボンドの引受にマイノリティや女性経営の企業を起用

トロント・ドミニオン銀行(TD)は、グリーンビルディング、クリーン輸送、再生可能エネルギーなどの分野における融資、投資、プロジェクトへの資金供給を目的とした、3年間で5億ドル(約570億円)のグリーンボンドの募集を終了したことを発表しました。

TDによると、引受シンジケート団にはマイノリティ、女性、退役軍人が経営する企業(MWVBE)が含まれており、カナダの銀行債の募集においてMWVBEをアクティブ・ジョイント・ブックランナーに含むシンジケート団が主導したのは初めてとなる。この案件では、アカデミー・セキュリティーズ、R. シーラス&カンパニー、サミュエル A. ラミレス&カンパニー、シーバート・ウィリアム・シャンク&カンパニーなどのMWVBEが参加した。

今回の取引は、TDが2020年に発表した「サステナブルボンドフレームワーク」に基づく初のグリーンボンド発行であり、ESGをテーマにした社債の発行としては4件目となる。TDは2020年9月に初のサステナブルボンドを発行し、これまでに30億ドルのESGをテーマとした社債を発行しているTDによると、今回の社債は、業務および融資活動全体で2050年までに温室効果ガスの排出をネット・ゼロにするという同行の目標をさらに後押しするものだという。

【参照ページ】
(原文)TD Bank Group Engages Diversity Firms to Actively Lead a US$500 Million Green Bond Offering – a First Among Canadian Issuers
(日本語訳)トロント・ドミニオン銀行、約570億円のグリーンボンドの引受にマイノリティや女性経営の企業を起用

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る