Boeing 、炭素ゼロの未来への最適なルートを示すモデルを発表

7月18日、民間航空業界がネット・ゼロ・エミッションへの道筋を描くにあたり、Boeingは、2050年までに目的地に到達するための最も効果的なシナリオを示す新しいデータ・モデリング・ツールを発表した。本ツールには、主要大学との協議が含まれており、今後も主要な関係者とともに使用していく予定だ。また、未来のフライトの動力源となりうる水素と電気のコンセプトの図解も公開した。

ボーイングの最高持続可能性責任者クリス・レイモンドは、Boeingが主要大学のコンサルティングを受けて開発したデータモデリングツール「カスケード」の実演を行った。本ツールは、 Boeingが航空業界の脱炭素化に向けた主な道筋と、以下のような方法で排出量を削減する潜在的な力を評価する。

  • 航空機のフリートリビューション
  • SAF、水素、電気推進などの再生可能エネルギー源
  • 運航効率の改善
  • 先進技術

カスケードモデルは、水素、電気、持続可能な航空燃料(SAF)などの代替エネルギーの生産、流通、使用に必要な排出量を考慮し、再生可能エネルギーのライフサイクル全体への影響を評価するものである。 Boeingは、航空会社、業界パートナー、政策立案者とともにカスケードツールを活用し、さまざまな燃料源がいつ、どこで、どのように新しい航空機の設計と交差するのかについて情報を提供する予定だ。

Boeingは、「SAF and」アプローチの一環として、他の再生可能エネルギー源の安全性と航空機での利用可能性を推進し続けている。2000年代半ば以降、 Boeingは水素燃料電池と内燃機関を使用した有人・無人の航空機による6回の水素技術実証を実施した。昨年は、宇宙用に設計された液体水素16,000ガロン(一般的なリージョナルジェット機のジェットA燃料のエネルギー量に相当)を収納できるクライオタンクの実験に成功した。

Boeingは、代替推進源の広範な評価と試験、および研究パートナーシップに基づき、ハイブリッド、電気、水素を動力源とする航空機の可能性を示す「将来の飛行コンセプト」の図解も公開した。

【参照ページ】
(原文)Boeing Unveils Model to Show Best Routes to Zero Carbon Future
(日本語訳)ボーイング、炭素ゼロの未来への最適なルートを示すモデルを発表

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る