M&S、食品廃棄物削減のため青果物の賞味期限を撤廃

M&S、食品廃棄物削減のため青果物の賞味期限を撤廃

7月17日、マークス&スペンサー(M&S)は、食品廃棄に取り組むため、300以上の果物や野菜の賞味期限を撤廃すると発表した。賞味期限は、M&S のスタッフが鮮度と品質を確認するためのコードに置き換えられる予定だ。Tesco、Morrisons、Co-opなどのスーパーマーケットでは、一部の商品で賞味期限を廃止している。

Waste & Resources Action Programme (Wrap)は、英国の食品廃棄物の70%は家庭で廃棄されており、食べられる食品は年間450万トンにのぼると発表した。

消費期限とは、生鮮食品を安全に調理・消費できる期限を示すものである。一方、賞味期限は、品質、味、食感を最もよくするために、いつまでに消費すればよいかを示すものだ。食品基準庁は、製品に賞味期限と消費期限のどちらを表示するかは、メーカーの判断に委ねられるとしている。食品の製造方法やリスクの高さなどの要因によるとしている。食品価格が高騰し、生活必需品のコストを抑えようとするスーパーマーケットにとって、賞味期限の撤廃は収益に貢献する可能性もある。

Tescoは2018年、100以上の果物や野菜製品で賞味期限を廃止した。今年1月には、Morrisonsが自社ブランドの牛乳の90%から賞味期限を撤廃する計画を発表し、商品を捨てる前に代わりに「嗅覚テスト」を行うよう顧客に呼びかけた。また、4月にはCo-opが自社ブランドのヨーグルトの賞味期限を廃止し、ガイダンスとして賞味期限を表示する計画を発表している。

M&Sは、サステナビリティ・ロードマップの一環として、2030年までに食品廃棄物を半減させ、2025年までに食用余剰分をすべて再分配することを約束している。

【参照ページ】
(原文)M&S REMOVES BEST BEFORE DATES ACROSS FRUIT AND VEG IN BID TO TACKLE FOOD WASTE
(日本語訳)M&S、食品廃棄物対策として青果物の賞味期限を撤廃

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る