FrieslandCampina、窒素排出量削減に向けRabobankおよびLelyと提携

FrieslandCampina、Rabobank、Lelyが窒素排出量削減のためのパイロット事業を発表

7月14日、オランダの大手乳業メーカーFrieslandCampinaは、RabobankおよびLelyと提携し、酪農場における窒素排出量の削減を目的としたパイロットプロジェクトの実施を発表した。本提携により、オランダ全州の酪農場に約96個の「Lely Spheres」と呼ばれる球体が設置され、窒素の排出が削減される予定だ。

3社はオランダ全土の酪農場に Lely の糞尿処理システム「Lely Sphere」を96台設置する。Lely Sphereは、固形肥料と尿を分離し、排出される窒素を肥料に変換し、農家の精密施肥に再利用できる循環型畜舎システムだ。本システムは、「より閉じた鉱物循環」を実現し、人工肥料の使用を減らすことができると、酪農家は述べている。最近の研究によると、アンモニアの排出を最大70%削減することが可能であるという。本システムは公式に認められ、オランダ政府の2021年RAV(Regeling Ammoniak Veehouderij)リストの一部となっている。

酪農家はパイロットプロジェクトに参加するためにサインアップすることができるとFrieslandCampinaは付け加えている。本プロジェクトでは、夏以降に最初のLely Sphereを設置し、来年初めにパイロットプログラムの結果を評価する予定だ。

【参照ページ】
(原文)FrieslandCampina, Rabobank and Lely start pilot to reduce nitrogen
(日本語訳)FrieslandCampina、Rabobank、Lelyが窒素削減のためのパイロットを開始

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る