ASA、BMWとMGモーターUKの「ゼロエミッション車」表現を不適切と判断

2月7日、英広告基準協議会(ASA)は、BMWとMGモーターUKが掲載した有料グーグル広告の「ゼロエミッション車」という表現に対して不当と判断した。

BMWに関しては、2023年8月16日に掲載した有料グーグル広告が問題となった。同社によると、アドワーズ広告表示のため「Zero Emission Cars」等の用語を購入。そのため、アドワーズの自動キーワード機能によって広告に「Zero Emission Cars」が挿入されていた。自動キーワード機能が有効になっていることに気づかないまま、苦情を受け取って初めてその広告上に「Zero Emission Cars」が表示されていることを発見した。対象となった広告は、BMWのアドワーズによって配信されたインプレッションの0.02%。

MGモーターUKでは、2023年8月16日に掲載した有料グーグル広告に「Find A Dealer – Book A Test Drive. Save £1,000 On Your Next MG HS Plug-in Hybrid, MG ZS or MG5 EV Trophy Long Range Renewed with a modern design, increased range, and even more technology. Zero Emissions」と表現。最後の「Zero Emissions」が争点となった。

ASAは、EVは走行中にはCO2を排出しないが、EV製造や送配電網から電気を供給して充電する一連の過程で排出しており、ゼロエミッションは消費者の誤解を招く可能性が高いと判断した。

ASAは、本事案を経て、広告を現在の形で二度と掲載してはならず、「ゼロ・エミッション」に言及する広告は、EVが走行中のみに関連する主張であることを明確にするよう指示。また、プラグインハイブリッド車の広告については、走行中およびバッテリーを動力源とする場合にのみ適用されることを明確にすべきであり、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンを動力源とする自動車に関しては、決してこのような広告を出すべきでないとした。

【参照ページ】
ASA Ruling on BMW (UK) Ltd
ASA Ruling on MG Motor UK Ltd

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る