WMO、宇宙機関との関係を強化

2月8日、世界気象機関(WMO)は、気候、社会、技術の急速な変化の時代における協力を強化するため、宇宙機関との関係を再活性化すると発表した。

宇宙ベースの観測システムは、世界の数値気象予測モデルで使用されるデータの約90%を占めている。WMOは、宇宙機関と長年にわたって協力関係にあり、特に後発開発途上国において、データ共有の促進、共通基準の設定、能力構築に役立ってきた。

WMOは、5年以上ぶりに開催された第15回衛星に関するハイレベル政策に関する協議会合を開催した。本会合では、WMOがどのように宇宙機関を支援し、加盟国のデータと情報のニーズを満たすことができるかを検討するとともに、最新世代および将来世代の人工衛星から得られる膨大なデータへのアクセスと利用を促進する方法についても検討された。また、地球システムの監視と予測、万人のための早期警報、GHG監視など、WMOの主要な戦略的優先事項を支援するための宇宙ベースの観測の可能性についても検討した。

今後開催されるWMOの構成機関会合では、宇宙機関との関係強化が図られる。本決定は、6月の気象衛星に関する調整グループ・プレナリーや10月の地球観測衛星委員会プレナリーにも反映される予定。

【参照ページ】
(原文)WMO reinvigorates relations with space agencies
(日本語参考訳)WMO、宇宙機関との関係を強化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る