パンドラ、ジュエリーを100%リサイクル金・銀にシフト

パンドラ、ジュエリーを100%リサイクル金・銀にシフト

1月30日、ジュエリーデザイナー兼小売業者のパンドラは、すべてのジュエリーに使用する銀と金をリサイクルのみから調達することを発表した。

今回の発表は、2020年に設定されたパンドラのサプライチェーンを2025年までに100%リサイクルされた金と銀を調達するように調整するという目標の早期達成を意味する。パンドラのバリューチェーンは温室効果ガス排出量の80%以上を占めており、同社は2030年までに原材料、包装、輸送、フランチャイズ店舗などから発生するスコープ3排出量を42%削減する目標を掲げている。

同社によれば、リサイクル金属に移行することで、温室効果ガスの大幅な排出を回避することができる。採掘にはリサイクルよりも多くのエネルギーと資源が必要であり、リサイクル銀の二酸化炭素排出量は採掘された銀の3分の1、金のリサイクルによる二酸化炭素排出量は新しい金の採掘による排出量の1%未満である。

目標を達成するために、パンドラは、すべてのサプライヤーが、RJCのChain of Custodyに従ってリサイクルされたことが証明された材料のみを調達する必要があり、多くのサプライヤーが、選別、溶解、製造を含むサプライチェーン全体にわたって、採掘された金属とリサイクルされた金属の完全な分離を確実にするための新しいプロセスと設備を導入する必要があると述べた。同社は、100人以上のパンドラ従業員が移行作業に携わっていると付け加えた。

既存の金属在庫が枯渇するまでの時間を考慮し、パンドラは2024年後半から、すべての新しいジュエリーを100%リサイクルされた銀と金で製作する予定である。

【参照ページ】
(原文)Pandora shifts to recycled silver and gold
(日本語参考訳)パンドラ、ジュエリーを100%リサイクル金・銀にシフト

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る