パンドラ、ジュエリーを100%リサイクル金・銀にシフト

パンドラ、ジュエリーを100%リサイクル金・銀にシフト

1月30日、ジュエリーデザイナー兼小売業者のパンドラは、すべてのジュエリーに使用する銀と金をリサイクルのみから調達することを発表した。

今回の発表は、2020年に設定されたパンドラのサプライチェーンを2025年までに100%リサイクルされた金と銀を調達するように調整するという目標の早期達成を意味する。パンドラのバリューチェーンは温室効果ガス排出量の80%以上を占めており、同社は2030年までに原材料、包装、輸送、フランチャイズ店舗などから発生するスコープ3排出量を42%削減する目標を掲げている。

同社によれば、リサイクル金属に移行することで、温室効果ガスの大幅な排出を回避することができる。採掘にはリサイクルよりも多くのエネルギーと資源が必要であり、リサイクル銀の二酸化炭素排出量は採掘された銀の3分の1、金のリサイクルによる二酸化炭素排出量は新しい金の採掘による排出量の1%未満である。

目標を達成するために、パンドラは、すべてのサプライヤーが、RJCのChain of Custodyに従ってリサイクルされたことが証明された材料のみを調達する必要があり、多くのサプライヤーが、選別、溶解、製造を含むサプライチェーン全体にわたって、採掘された金属とリサイクルされた金属の完全な分離を確実にするための新しいプロセスと設備を導入する必要があると述べた。同社は、100人以上のパンドラ従業員が移行作業に携わっていると付け加えた。

既存の金属在庫が枯渇するまでの時間を考慮し、パンドラは2024年後半から、すべての新しいジュエリーを100%リサイクルされた銀と金で製作する予定である。

【参照ページ】
(原文)Pandora shifts to recycled silver and gold
(日本語参考訳)パンドラ、ジュエリーを100%リサイクル金・銀にシフト

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る