英国、HALEU核燃料に約560億円投資

1月7日、英エネルギー安全保障・ネットゼロ省は、欧州で初めて高純度低濃縮ウラン(HALEU)核燃料プログラムを開始すると発表した。イングランド北西部で、最新型原子炉に必要な濃縮ウランを生産する。

英国は今回、HALEU燃料の生産強化の理由として、ロシアへの対抗心を明確に表明した。

この3億ポンド(約560億円)の投資は、2050年までに24GWのクリーンで信頼性の高い原子力発電を実現するための計画の一部であり、これは英国の電力需要の4分の1に相当する。

政府の資金は、次世代の原子炉に必要な専門燃料である高純度低濃縮ウラン(HALEU)の国内生産を支援する。ほとんどの最新型原子炉は、現在ロシアでのみ商業生産されているこの燃料を必要とする。本計画の開始により、英国は最新型原子炉に必要な専門的核燃料を世界に供給できるようになると述べた。

加えて、1,000万ポンド(約19億円)を追加して、英国で他の先進的核燃料を製造するための技術と施設を開発することも発表した。国内の核燃料供給を長期的に確保し、国際的な同盟国を支援するのに役立てる。

最初の工場は2030年代初頭に稼動する予定であり、本資金援助はイングランド北西部の核燃料生産拠点を強化し、地元産業と雇用を支援すると同時に、世界的なネット・ゼロ目標の達成に不可欠な、英国内外の原子力再生の拡大に貢献する。

COP28で英国はまた、G7の原子力パートナーと協力し、ロシア製燃料への世界的な依存を減らすというコミットメントを改めて表明した。

【参照ページ】
(原文)UK invests in high-tech nuclear fuel to push Putin out of global energy market 
(日本語参考訳)英国、HALEU核燃料に約560億円投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る