投資運用会社Nuveen、自然気候の解決に向けたグローバル・ティンバーランド戦略を開始

 

11月1日、投資運用会社のNuveenは、持続可能な森林への投資機会を投資家に提供する「Nuveenグローバル ティンバーランド」戦略を発表した。

Nuveenによると、新戦略は、2050年までにポートフォリオをネット・ゼロに移行することを目指す世界の投資家が、自然資本投資への需要を高める中で立ち上げられたもの。

本戦略は、「より少ない土地でより多くの木材を生産し、効率的な運用方法によって排出量を削減し、土壌や樹木に炭素を隔離・蓄積することによって炭素排出量を削減する自然気候ソリューション」を提供する。

また、本戦略は米国・チリ・ウルグアイ・カナダ・ニュージーランド・オーストラリアを含む地域での投資を模索し、木材の売却、土地の売却、カーボンオフセット、保全地役権、資産の自然な評価から5〜7%の純総合年間リターンを目標とする。

Nuveenグローバル・ティンバーランドは、新たに組成された Nuveen リアル・アセット・プラットフォームの一部である、同社の土地ベース投資のスペシャリスト、 Nuveen ナチュラル・キャピタルに席を置く。Nuveenナチュラル・キャピタルのティンバーランドチームは、10カ国で100人以上の投資および森林管理の専門家を擁している。

【参照ページ】
(原文)Nuveen launches a new global timberland strategy
(日本語訳)Nuveen、自然気候の解決に向けたグローバル・ティンバーランド戦略を開始

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円以上を投資

    2023-3-14

    独CCEP、詰め替えボトリングのインフラに58億円超を投資

    2月23日、ドイツのCoca-Cola Europacific Partners (CCEP)&n…
  2. bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画 HertzのEVレンタル拡大による需要に対応

    2023-3-14

    bp、2030年までに全米でEV充電に約1,300億円超の投資計画

    2月15日、 bpは2030年までに10億ドル(約1,378億円)を米国内のEV充電ポイントに投資…
  3.  

    2023-3-14

    成田国際空港と東京ガス、「株式会社 Green Energy Frontier」を設立・事業開始

    2月20日、成田国際空港(NAA)と東京ガス株式会社(東京ガス)は、成田国際空港にエネルギー供給を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る