メタン検知技術を提供するLongPath、約30億円の資金を調達

メタン検知技術を提供するLongPath、約30億円の資金を調達

12月5日、排出ガス検知・定量化技術を提供するLongPath Technologiesは、メタン監視プラットフォームの展開規模の拡大を目的としたシリーズA資金調達ラウンドで、2,200万ドル(約30.2億円)を調達したと発表した。

近年、気候変動への対応において、メタン排出量の削減が中心的な課題となっている。メタンは、農業、化石燃料の生産と輸送、石炭採掘、埋め立てなどの活動から排出される非常に強力な温室効果ガスであり、CO2の80倍もの温暖化効果があるとされている。メタンは大気中の寿命がはるかに短い(10~12年、対してCO2は50~100年)ため、メタンの排出を短期的に削減することで、今後数年間は有意義な気候インパクトを与えられる。

2017年に設立されたLongPathは、メタン排出を監視および定量化する技術を提供し、事業者が施設の種類、運用目標、予算の制約に合わせて、測定頻度、定量化の厳密さ、検出閾値だけでなく、アラートの様式を調整できるようにした。本プラットフォームは、農業、廃棄物管理、鉱業、都市監視などの分野を対象としている。

LongPathは、本資金を既存および新規の顧客基盤の展開や、石油・ガス、廃棄物管理、鉱業、都市監視などの幅広いエネルギー・産業インフラで使用するための技術プラットフォームのさらなる開発に充てると述べている。

本発表は、昨年のCOP26で米国とEUが発表した「グローバル・メタン・プレッジ(Global Methane Pledge)」に続くものである。本誓約は、2030年までに世界のメタン排出量を2020年比で少なくとも30%削減することを目的としている。発足以来、この誓約は130以上の署名国に達し、世界のメタン排出量の半分以上を占めるに至っている。

先月、バイデン政権は、メタン排出に取り組むための200億ドル以上の新規投資を含む「米国メタン排出削減行動計画」も発表した。

【関連記事】
グローバル・メタン・プレッジ、COP26にて正式発足。加盟国は100カ国以上に拡大
バイデン大統領、「米国メタン排出削減行動計画」を発表
バイデン氏、メタン排出削減のために約2.8兆円を計上

今回の資金調達ラウンドは、プライベートエクイティ企業のWhite Deerが主導し、ProFac、Williams、Buff Gold Venturesのほか、既存の投資家が参加した。

【参照ページ】
(参考記事)LongPath Technologies Raises $22 Million in Series A funding for its patented methane monitoring network

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る