野生生物生息環境協議会、新たなホワイトペーパーを発行

8月17日、WHC(野生生物生息環境協議会)は、新しいホワイトペーパー「Nature-based Solutions to Prevent Pollution and Support Biodiversity | Opportunities for the Automotive」を発表した。ホワイトペーパーは、ゼネラルモーターズの協賛により、当ウェブサイトから無料でダウンロードできる。

Nature-based solutions(NbS)とは、生態系を保護・回復するために自然の要素を活用する行動である。NbSは、野生動植物の生物多様性を保全するだけでなく、気候変動への耐性や大気・水質・土壌の質の改善といった環境面でのコベネフィットや、レクリエーション、美観、環境教育といった地域社会へのベネフィットももたらす。

特に多くの産業で利用されているのが、NbSの汚染防止機能である。全社的、国家的、国際的な環境目標のため、多くの自動車メーカーは、サプライチェーンや製造工程全体に汚染防止戦略を取り入れることで、規制要件を上回る成果を上げている。NbSは、自動車メーカーとそのサプライヤーが公害防止のために導入できるもう一つのツールである。

ホワイトペーパーでは、自動車業界が公害防止のためにどのように自然ベースのソリューションを導入できるかを探る。WHC認証プログラムおよび世界中の自動車メーカーによるケーススタディは、自然ベースのソリューションがいかに汚染を削減し、生物多様性と地域社会にコベネフィットをもたらすかを示している。

注目のケーススタディは以下の通りである。

  • BMW:サイトオペレーションセンター(米国サウスカロライナ州)
  • ブリヂストン:アイケン郡オフロードタイヤ工場(米国サウスカロライナ州)
  • クライスラー/ステランティス:ピーターズポンド(米国インディアナ州)
  • デンソー:デンソー・マニュファクチャリング・テネシー(米国テネシー州)
  • フォード:フォード・ルージュ・トラック工場(米国ミシガン州)
  • ゼネラルモーターズ:世界本社(米国ミシガン州)
  • ホンダ:ホンダウッズ(東京)
  • スバル:本社(米国ニュージャージー州)
  • トヨタ:PEMC(米国ケンタッキー州)
  • フォルクスワーゲン:エンタープライズ・サウス・インダストリアル・パーク(米国テネシー州)
  • WM:サザン・サービス・ランドフィル(米国テネシー州)

ホワイトペーパーは、米国環境保護庁(EPA)からの助成金によって支援された一連の成果物の一部であり、特にアラバマ州、フロリダ州、ジョージア州、ケンタッキー州、ミシシッピ州、ノースカロライナ州、サウスカロライナ州、テネシー州、および6つの先住民部族を含むEPA地域4に焦点を当てている。このプロジェクトを通じて、WHCはサプライヤー・パートナーシップ・フォー・ザ・エンバイロメント(SP)と提携し、自動車部門とそのサプライチェーンにおける生物多様性向上の取り組みを支援している。

ゼネラル・モーターズがスポンサーを務めるこのホワイトペーパーには、「自然をベースとしたソリューションが私たちの全体的なビジネス慣行の中にデザインされるとき、私たちは、今日の競争の中で事業を行うために私たち全員が依存している資源に関して、より弾力的な戦略を開発することができます。私たち業界は共に、生物多様性と地域社会の生態系の改善に貢献することができる。

【参照ページ】
(原文)New White Paper Illustrates How the Automotive Industry Can Employ Nature-Based Solutions to Prevent Pollution
(日本語訳)野生生物生息環境協議会、新たなホワイトペーパーを発行

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る