Amazon、アフォーダブルハウジングに150億円を投資

3月15日、Amazonは米国バージニア州アーリントン、ワシントンDC、ピュージェット・サウンド地域などの地域社会で、交通機関の近くに手頃な価格の住宅を建設するために約1億2,500万ドル(約148億円)の投資を約束したことを発表した。

この投資は、Amazonの20億ドル(約2,365億円)のハウジング・エクイティ・ファンドから行われる。昨年設立されたこの基金は、住宅パートナー、従来型および非従来型の公的機関、マイノリティ主導の組織に対し、市場価格を下回る融資や助成金を通じて、既存住宅の保全や包括的な住宅開発の実現を目標としている。本日の発表により、同基金は8,000戸以上の住宅の建設・保全のために12億ドル(約1,420億円)以上を拠出することになる。

今回の発表では、ワシントン地域の交通機関の近くに手頃な価格の住宅を新たに742戸建設するために8,200万ドル(約97億円)、ピュージェット・サウンド地域の318戸のために4,200万ドル(約50億円)の投資を約束した。この取引は、Amazonが2021年6月に行った、ピュージェット・サウンド、アーリントン、テネシー州ナッシュビルなどアマゾンの地元地域の交通当局と連携して、3,000軒の手頃な価格の住宅を新たに建設するという3億ドル(約355億円)の公約の一環である。

【参照ページ】
(原文)Amazon Commits $124 Million to Create More Than 1,000 Affordable Homes near Transit Stations in Washington state’s Puget Sound region and the Arlington, Virginia region
(日本語訳)Amazon、アフォーダブルハウジングに150億円を投資

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    2022-12-1

    オーストラリア規制当局、銀行が気候変動リスクの影響を受ける産業や地域へのエクスポージャーを減らすと確認

    11月30日、オーストラリア健全性規制庁(APRA)が発表した新しい調査によると、オーストラリアの…
  2. カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    2022-12-1

    カーボンマーケットプラットフォームRubicon、1,300億円超を調達

    11月29日、炭素市場に特化した商品とソリューションのプラットフォームであるRubicon Car…
  3. スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    2022-12-1

    スウェーデン銀行、不動産・エネルギー貸付ポートフォリオにおける脱炭素化目標を発表

    11月22日、スウェーデン銀行は、貸付ポートフォリオに関する新たな脱炭素化目標を発表し、2030年…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る