TNFD、自然関連リスク管理フレームワークのベータ版第一弾を公開

3月15日、自然関連財務開示タスクフォース(TNFD)は、自然関連リスクについての報告を可能にし組織の進化の促進を目的とした開示フレームワークの最初のベータ版のリリースを発表した。

TNFDは、組織が自然関連リスクについて報告し行動するための枠組みを提供することを目的とし、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の成功を踏まえて、2021年6月に発足した。TNFDによると、ベータ版のリリースは、市場が世界経済に対する自然損失のリスクに対処し、自然への影響を軽減することを可能にするための重要なステップになるという。

フレームワークの主要な構成要素は、科学的根拠に基づく概念と定義を含む基礎的ガイダンス、TCFDの気候変動報告へのアプローチに沿った開示勧告、企業や金融機関が自然関連のリスクと機会分析を行うためのガイダンスとなっている。

このフレームワークは、金融サービス・企業・市場サービスプロバイダーなど、幅広い分野と専門領域から選ばれた30名以上の上級管理職で構成されるTNFDタスクフォースによって策定された。また、TNFDはサステナビリティに焦点を当てた国際的な基準設定、企業報告、持続可能な金融の主要組織と連携し、国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)が現在策定中のサステナビリティ基準との整合を図るべく、フレームワークの設計を行っている。

【参照ページ】
(原文)TNFD Releases First Beta Version of Nature-related Risk Management Framework for Market Consultation
(日本語訳)TNFD、自然関連リスク管理フレームワークのベータ版第一弾を公開、市場協議へ

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る