EU、クリーンテックの脱炭素化プロジェクトに約2,500億円を投資

7月12日、EU委員会は、17の大規模なクリーンテック・プロジェクトに18億ユーロ(約2,500億円)以上の投資を行うことを発表した。本プロジェクトは、操業開始から10年間で1億3,600万トンのCO2eqを削減する可能性を持っている。プロジェクトは、ブルガリア、フィンランド、フランス、ドイツ、アイスランド、オランダ、ノルウェー、ポーランド、スウェーデンに所在する。

助成金は、革新的な低炭素技術の実証を目的とした世界最大級の資金提供プログラムであるEUの「イノベーションファンド」から支給される予定だ。エネルギー集約型産業における画期的な技術の市場投入を目指し、水素、再生可能エネルギー、二酸化炭素回収・貯蔵インフラ、エネルギー貯蔵・再生可能エネルギー用の主要部品の製造といった分野が対象となる。

本プロジェクトは、グリーン水素の流通と利用、廃棄物から水素への転換、洋上風力発電、太陽光発電(PV)モジュールの製造、蓄電池、リサイクル、二酸化炭素回収・貯蔵、持続可能な航空燃料(SAF)、先進バイオ燃料など、EUの脱炭素化への取り組みに貢献する幅広い分野を対象としている。

EUによると、選ばれたプロジェクトは、より確立された技術と比較して温室効果ガス(GHG)排出量を削減し、「最先端を超えて革新する」能力があり、かつ展開に十分な成熟度を持っているかどうかで評価されたとのことだ。また、プロジェクトの拡張性や費用対効果も選定基準に含まれている。

また、ブルガリアでは、セメント工場のCO2回収設備と黒海の枯渇したガス田の海底にある永久貯蔵庫をつなぐ、初のフルチェーン炭素回収・貯蔵庫プロジェクトが採択された。

これらのプロジェクトは、昨年10月に開始された大規模プロジェクトの第2次募集で選ばれたものである。第1回目の募集では、エネルギー集約型産業、水素、二酸化炭素の回収・利用・貯蔵、再生可能エネルギーの7プロジェクトに11億ユーロ(約1,500億円)の補助金が交付された。

【参照ページ】
(原文)Innovation Fund: EU invests €1.8 billion in clean tech projects

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る