EcoVadis、持続可能なサプライチェーン・データマイニング・プロバイダーのecotrekを買収

7月13日、ビジネス・サステナビリティ・レーティングを提供するEcoVadisは、持続可能なサプライチェーンに焦点を当てたデータマイニング技術のスタートアップであるecotrekの買収を発表した。本買収は、EcoVadisが先月行った5億ドル(約700億円)の増資に続くもので、サステナビリティ・データのSaaS企業としては過去最大のエクイティファイナンスとなる。

ecotrekのサステナビリティ・データマイニング(SDM)機能は、一般に公開されているデータポイントに基づき、サプライチェーン全体の自動サプライヤー監視を可能にする。機械学習によるデータ収集と分類により、何千ものサプライヤーのデータを瞬時に把握することができ、企業はサプライチェーンの影響を測定・改善できるようになる。

本買収は、企業が持続可能性への取り組みの焦点をバリューチェーンに拡大しつつあり、政府や規制当局がバリューチェーンにおける人権や環境への悪影響を評価・対処するよう企業に求める施策を導入する中、サプライチェーンの持続可能性データに対する需要が高まっていることを背景としている。

EcoVadisは、95,000社以上の企業のサステナビリティ評価を提供しており、企業は自社だけでなく取引先やサプライヤーも含めたバリューチェーンのサステナビリティ・パフォーマンスを監視し、改善することができるようになっている。

EcoVadisによると、本買収により技術力が強化され、格付けの品質と経験の向上、バリューチェーンのモニタリングとエンゲージメントのプロセス効率の向上、リスクの分類とモニタリングからサプライヤーのサステナビリティ・パフォーマンス向上までのエンドツーエンドの製品スイートを提供できるようになるという。

【参照ページ】
(原文)EcoVadis Accelerates Sustainability Intelligence Capabilities with Acquisition of ecotrek
(日本語訳)EcoVadis、持続可能なサプライチェーン・データマイニング・プロバイダーのecotrekを買収

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る