IKEA、米国の住宅用太陽光発電市場に参入

イケア、米国の住宅用太陽光発電市場に参入

5月12日、IKEA U.S.は、住宅用太陽光発電技術とエネルギーサービスを提供するサンパワー社と新たに提携し、米国の住宅向けに太陽光発電と蓄電のソリューションをより簡単に利用できるようにすることを目的とした「Home Solar with IKEA」の立ち上げを発表した。

本発表は、IKEAのホームソーラーサービスにとって最新の市場拡大となる。IKEA Retailは2015年にホームソーラーを開始し、英国やドイツを含む世界11の市場でサービスを展開してきた。同社は、2025年までに30市場でホームソーラーを利用できるようにすることを目標としている。

また、本提携はサンパワー社が先日発表した、B2B分散電源に特化した商業・産業ソリューション事業のトータルエナジーズ社への2億5千万ドル(約320億円)の売却を受け、住宅市場に特化することを目的としている。

【関連記事】トタルエナジー、米国の再生可能エネルギー事業を拡大。サンパワー社のB2Bソーラー事業を買収

本提携により、IKEAファミリーの顧客ロイヤルティプログラムの会員は、再生可能エネルギーを発電・貯蔵するサンパワー社の家庭用太陽光発電ソリューションを購入することができるようになる。本サービスは、今年後半にカリフォルニア州で開始される予定である。

【参照ページ】
(原文)IKEA U.S. joins forces with SunPower to offer home solar solutions in the United States
(日本語訳)IKEA U.S.がサンパワー社と提携し、米国で家庭用太陽光発電のソリューションを提供

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る