資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

アルミニウム

8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリューションの提供を拡大するため、3,500万カナダドル(約37億円)を投じて、ケベック州サグネー・ラックサンジャンにあるアルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設すると発表した。

本設備では、使用済みの自動車や建築資材から回収したクリーンなアルミニウムを再溶解し、アルビダ製錬所のアルミニウムビレットやRio Tintoのケベック工場で生産される他製品に使用する。リサイクルしたアルミニウムをアルミニウム合金に使用するのは、 北米の一次アルミニウム生産会社として同社が初。

リサイクル施設は2024年の第2四半期に稼働する予定。当初の年間生産能力は3万トンである。今後、再生バーナーを備えた再溶解炉と自動スクラップ投入システムの建設を開始し、アルビダ工場の既存建屋に設置するという。

本プロジェクトは、ケベック州に3,000万カナダドル(約31億円)の経済効果をもたらし、アルビダ工場では新たに10名程度の常用雇用が創出される見込み。

【参照ページ】
(原文)Rio Tinto invests in a new aluminium recycling centre in Arvida
(日本語訳)リオ ティントがアルビダの新しいアルミニウム リサイクル センターに投資

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る