投資顧問会社BNY Mellon、ESGインテグレーションの虚偽記載でSECから告発

投資顧問会社BNYメロン、ESGインテグレーションの虚偽記載でSECから告発

5月23日、米国証券取引委員会(SEC)は、BNY Mellonが一部の投資信託の投資判断に用いたESG配慮について虚偽の記載と省略を行ったとして告発し、同社と150万ドルのペナルティを課すことで合意に至ったと発表した。

SECの命令によると、同社は2018年7月から2021年9月にかけて、ファンドのすべての投資対象がESG品質審査を受けているとの主張をしていた。SECは、特定のファンドが保有する多くの投資先が、投資時点においてESG品質レビューのスコアを有していないことを突き止めた。

今回の発表は、投資顧問会社によるESGの主張に対する監視を強化するというSECの動きを受けている。今年初め、SECのゲーリー・ゲンスラー委員長は、「ESG」、「グリーン」、「サステナブル」ラベルの付いた商品について、使用した基準や活用したデータに関するファンドマネージャーへの情報開示など、ESG投資商品に関する規則の検討を明らかにしている。

【関連記事】SECゲンスラー委員長、ESG投資商品のラベルに関するルールを検討 ウォッシュを懸念

【参照ページ】
(原文)SEC Charges BNY Mellon Investment Adviser for Misstatements and Omissions Concerning ESG Considerations
(日本語訳)投資顧問会社BNYメロン、ESGインテグレーションの虚偽記載でSECから告発

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る