SECゲンスラー委員長、ESG投資商品のラベルに関するルールを検討。ウォッシュを懸念

 

3月2日、米国証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長は、「ESG」「グリーン」「サステナブル」ラベルの付いた商品について、使用基準や活用データに関するファンドマネージャーへの開示など、ESG投資商品のルールを検討中であると語った。

ゲンスラーは、ESG投資商品の著しい成長を強調し、環境、社会、ガバナンスの目標を達成する資産に投資しているという登録投資会社が、少なくとも800社、3兆ドル(約348兆円)以上存在すると推定した。しかしゲンスラーは、投資顧問会社が自社商品のESG的側面を主張することが増えている一方で、何がそのファンドをグリーンまたはサステナブルにしているのか、提供される情報は依然として不明確であると強調した。

「ESG投資」は非常に幅広い定義を持っており、特定のセクターや活動を選別していることを示す一方、温室効果ガス排出やその他の環境プロファイルについて主張しているファンドもあるとゲンスラーは指摘している。

【参照ページ】
(参考記事)ESG Round Up: SEC’s Gensler calls for ESG ‘nutrition labels’

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る