Tesco、英国の大手小売業で初めてプラスチック製ウェットティッシュの使用を禁止

 

2月28日、 Tescoはプラスチック素材を活用したベビーワイプ(赤ちゃん用おしりふき)販売の全面禁止を発表した。 Tescoは毎年7,500万パック、48億枚以上の赤ちゃん用おしりふきを販売しており、ベビーワイプ販売において英国最大の小売企業である。

Tescoは2020年に自社ブランドのベビーワイプのプラスチック使用を中止しており、今後は全商品がプラスチックフリーとなる。

プラスチックフリーに向けた動きは、Tescoの4R戦略の一環である。4R戦略とは「可能な限り廃止」「廃止できなければ削減」「再利用を徹底」「再利用できなければリサイクル」を目指したアクションである。

2019年8月に4R戦略を開始して以来、Tescoは15億個のプラスチックの除去を含め、6,000トンの包装を削減した。また、Loopと共同で再利用可能なパッケージングのトライアルを開始し、900以上の店舗でソフトプラスチック回収ポイントを立ち上げている。

【参照ページ】
(原文)Tesco becomes first major UK retailer to ban plastic wet-wipes
(日本語訳)Tesco、英国の大手小売業で初めてプラスチック製ウェットティッシュの使用を禁止

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る