BNPパリバAM、化石燃料を使用しない新しい債券ファンドを設定

BNPパリバAMが化石燃料を使用しない新しい債券ファンドを設定

10月3日、BNPパリバ・アセット・マネジメントは、ESG債券ETFの品揃えを拡充し、新たに「BNP Paribas Easy € Corp Bond SRI Fossil Free Ultrashort Duration UCITS ETF」と「BNP Paribas Easy USD Corp Bond SRI Fossil Free UCITS ETF 」を設定すると発表した。

新ファンドはいずれも、EUの持続可能な金融情報開示規制(SFDR)の第8条に分類される。ファンドはユーロネクスト・パリ、イタリア取引所、ドイツ取引所エクセトラに上場された。

BNP Paribas Easy € Corp Bond SRI Fossil Free Ultrashort Duration UCITS ETFは、ブルームバーグ MSCI ユーロ社債超短期固定・変動金利 SRI インデックスのパフォーマンスを複製する。本インデックスには、約400 銘柄の短期固定・変動金利の投資適格債が含まれ、バリューベース、物議を醸すセクターや化石燃料の除外、「レッドフラッグ」ESG 論議の除外、ESG 評価が最悪の発行体の追加除外の可能性など、MSCI のサステナビリティ基準が適用されている。

BNP Paribas Easy USD Corp Bond SRI Fossil Free UCITS ETF は、ブルームバーグ MSCI US Corporate SRI Sustainable ex Fossil Fuel Bond Index のパフォーマンスを複製するように設計されており、これは約 3,400 銘柄を構成銘柄とし、平均デュレーションが 6.8 年の投資適格債券インデックスである。 本インデックスは、バリュー・ベース、論争の的となるセクターや化石燃料の除外、「レッドフラッグ」ESG論争の除外を含むMSCIのサステナビリティ基準を用いて構築されている。 MSCIのESG格付けはBBB以上である必要がある。

【参照ページ】
(原文)BNP Paribas Asset Management expands fixed income ETF range with two new launches
(日本語参考訳)BNPパリバ・アセット・マネジメントが債券ETFの品揃えを拡充、新たに2銘柄を設定

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る