Aviva Investors、1,600億円越えのサステナブル・トランジション・ファイナンスを達成

Aviva Investors、1,600億円越えのサステナブル・トランジション・ファイナンスを達成

5月23日、Aviva plc のグローバル・アセット・マネジメント事業であるAviva Investorsの不動産債権チームは、10億ポンド(約1,600億円)のサステナブル・トランジション・ファイナンス目標を超え、わずか18ヶ月前に設定した目標を3年早く達成した。

本成果は、不動産グループであるRomulusに対する2億2700万ポンド(約360億円)のサステナビリティ連動型リファイナンスの発表とともに明らかになった。

ロンドンを拠点とする投資開発会社Romulusは、100万平方フィートを超える複合施設ポートフォリオを所有・管理している。新しい融資では、Romulusが支払う借入費用は、サステナビリティに関連したKPIに連動し、融資対象となる資産(ロンドン全域のオフィス、ホテル、レジャー、小売分野の資産)で環境改善が達成されれば、より魅力的な借入金利が適用される。

【参照ページ】
(原文)Aviva Investors surpasses £1 billion sustainable loans target with Romulus deal
(日本語訳)アビバ・インベスターズ、ロミュラスとの取引でサステナブル・ローンの目標額10億ポンドを突破

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る