ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サステナビリティカーボン認証スキームのISCCと、化学及び家電大手10社との共同プロジェクトを発表し、ISCC Plus認証を補完するブロックチェーンシステムの実証を行った。

本プロジェクトには、旭化成、Borealis、Neste、Trinseo、Shell、OEM、Arcelik、Philips Domestic Appliances、EVBox、商社の丸紅、伊藤忠商事が参加した。これらの関係者は、Circulariseと丸紅によって集められた。

本実証は、認証取得者の監査を効率化し、認証データの整合性を強化するために行われた。参加企業は、マテリアルフローと関連するサステナビリティ属性を検証するデータの認証、分散化、暗号化を可能にするパブリックブロックチェーンを活用した。これにより、企業が資産間でサステナビリティ主張の証明を再利用し、実際よりもサステナビリティ評価が高いように見せることを事実上不可能にしている。この原則は、データの完全性への信頼を形成する。

個々のサイトやバリューチェーン全体における材料のトレーサビリティとデータの検証は、事業者の各拠点のISCC Plus認証によって保証される。データはCirculariseソフトウェアシステムにアップロードされ、マスバランスの記帳と報告を改善する。

プラスチックや化学産業においては、マスバランス方式に対する認識と理解が最大の課題の一つとなっている。本プロジェクトを通じて、協力パートナーはマスバランス方式への知識を深め、社内プロセスをISCC Plusの要件に合わせ、新たなマスバランス・クレジットの記録方法を検証し、組織間で簡単に共有できることを確認した。

【参照ページ】
ISCC and Circularise pilot blockchain technology with 10 companies to complement mass balance certification

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る