UNEP FI、海洋関連分野の持続可能な資金調達に関する報告書を発行

UNEP FI、海洋関連分野の持続可能な資金調達に関する報告書を発行

6月、国連環境計画イニシアティブ(UNEP FI)は、海洋関連分野の持続可能な資金調達に関する報告書を発行した。本報告書では、深海鉱物の採掘計画に伴う重大な風評リスク、規制リスク、オペレーションリスクについて議論し、金融機関が深海鉱業分野にどのように対応すべきかを論じている。また、必要なレアアースや金属の採掘に融資を希望する金融機関が、陸上採掘の環境フットプリントを削減し、循環型経済への移行を支援する代替戦略に力を注ぐ方法を示している。

海洋は地球表面の大部分を占め、全水分の97パーセントと全生物の80パーセントを保有している。漁業、港湾・海運、海洋再生可能エネルギー、沿岸インフラなどの主要な海洋部門は、総体として「ブルー」エコノミーに貢献している。

経済協力開発機構(OECD)が作成した推計によると、海洋関連セクターは、2010年の世界の総付加価値の約1.5兆ドル(約199兆円)に相当し、この数字は、2030年までに3兆ドル(約398兆円)に増加すると予測されている。一部の海洋産業は世界経済よりも速い速度で成長すると考えられている。

しかし、海洋の健全性は気候変動・自然破壊・汚染という3つの危機に直面し大きなストレスにさらされており、海洋に依存する産業、ビジネス、生活は深刻な状況である。海洋に関連する多くの既存部門は、持続可能なブルーエコノミーに積極的に貢献する可能性を持っているが、これはすべての部門に当てはまるわけではない。特に石油・ガスや海底鉱床などの非再生可能な海洋資源の採掘は、海洋に大きなリスクをもたらし、持続可能とは言えない。

UNEP FIは、多くの投資と資金調達が、非再生可能な海洋資源の開発に向けられ続けていることを認識し本報告書において、深海底資源開発に伴う財務リスクと環境影響を分析している。

【参照ページ】
Harmful Marine Extractives

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る