UNEP FI、自然関連情報開示のフレームワークを比較

2024年1月、国連環境計画世界自然保護モニタリングセンター(UNEP-WCMC)と国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)は、自然関連問題の評価と開示に関する7つの主要な基準、フレームワーク、システムについて比較研究を行った報告書を発表した。本報告書は、自然関連問題に関する民間セクターの評価と情報開示のアプローチにおける主要な方法論的・概念的傾向を概観している。

分析対象となったフレームワークは以下の通り。

  • CDP情報開示システム
  • 欧州サステナビリティ報告基準(ESRS)
  • グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)基準
  • 国際サステナビリティ基準委員会(ISSB)基準
  • 自然資本プロトコル
  • 科学的根拠に基づく目標ネットワーク(SBTN)の目標設定ガイダンス
  • 自然関連財務情報開示タスクフォース(TNFD)フレームワーク

これらのアプローチは、開示、アセスメント、目標設定など、その具体的な目的が様々であり、その内容も様々である。本レポートは、目的の違いに関連する相違点を指摘しつつ、共通の傾向を浮き彫りにすることを目的としている。

UNEP FIとUNEP-WCMCは、すべてのアプローチが将来的な更新を計画しているため、異なるアプローチの具体的な推奨事項や要求事項が変更される可能性があるとし、自主的な情報開示要件から義務的な情報開示要件への移行は今後も続くと言及。両者は、本報告書で強調された傾向の進展と、各アプローチとその整合性を強化する上での課題をさらに理解するため、検討されたアプローチを比較する今後の調査を継続する予定。

【参照ページ】
(原文)Accountability for Nature: Comparison of Nature-related Assessment and Disclosure Frameworks and Standards
(日本語参考訳)UNEP FI、自然関連情報開示のフレームワークを比較

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-3

    自然エネルギー財団、新エネルギー基本計画に向けて新シナリオを発表

    6月19日、自然エネルギー財団は「脱炭素へのエネルギー転換シナリオ:2035年自然エネ…
  2. 「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    2024-7-3

    「ヒューマン・サステナビリティ(ウェルビーイング)」に関する調査結果を発表(Deloitte)

    6月18日、グローバル・プロフェッショナル・サービス・ファームであるDeloitteは新たに職場環…
  3. 2024-7-1

    ISSB、気候関連の情報開示促進のために英TPT・GHGプロトコル・GRI等と連携する計画を示す

    6月24日、IFRS財団の国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は、企業の気候関連の情報開示を…
ページ上部へ戻る