英資産運用会社Schroders、Greencoatの過半数株式の取得を完了

 

4月11日、英国屈指の資産運用会社であるSchrodersは、再生可能エネルギー・インフラに特化した欧州最大級の投資運用会社Greencoat Capitalの株式75%の取得を完了した。

2009年に設立されたGreencoatは、風力、太陽光、バイオエネルギー、熱エネルギーを中心に、英国、欧州、米国で約200の発電資産を運営し、その総ネット発電容量は3GW以上となっている。同社は大きな成長を遂げており、過去4年間(2021年3月まで)のAUMは年率48%で増加し、AUM68億ポンド(約1兆1,273億円)に達している。

本買収後、同社の事業はSchroders Greencoatとして、Schroderのプライベート・マーケット部門であるSchroders Capitalに統合される予定である。同社は、急成長する再生可能エネルギー分野のグローバルリーダーを目指す。

【参照ページ】
(原文)Schroders completes acquisition of majority shareholding in Greencoat Capital
(日本語訳)Schroders、Greencoatの過半数株式の取得を完了

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る