フェアトレードUSA、AmazonのClimate Pledge Friendly Initiativeに参加

フェアトレードUSA、AmazonのClimate Pledge Friendly Initiativeに参加

4月12日、米フェアトレード推進NGOフェアトレードUSAは、アマゾンが運営する低炭素・脱炭素商品イニシアチブ「Climate Pledge Friendly」への参加を発表した。Climate Pledge Friendlyは、Amazonの電子商取引サイトにおいてフェアトレード認証製品をより簡単に発見できるようにする制度であり、独自のCompact by Design認証を受けている製品をハイライトする。フェアトレード認証商品は、ユニバーサル・プロダクト・コード(UPC)により、サステナビリティ基準を満たした商品を示すClimate Pledge Friendlyのバッジが表示される。

フェアトレード認証商品の購入は、消費者は責任ある企業を支援し、農民、労働者、漁師に力を与え、環境の保護につながる。

アマゾンはThe Climate Pledgeの共同設立者であり、2040年までに事業全体でネット・ゼロ・カーボンを実現することを約束している。 このコミットメントに触発され、 Climate Pledge Friendlyは、サステナビリティ認証を利用して、自然保護の支援に賛同する製品を紹介している。

【参照ページ】
(原文)Fair Trade USA™ Joins Amazon Climate Pledge Friendly Initiative
(日本語訳)フェアトレードUSA™がAmazon Climate Pledge Friendly Initiativeに参加 
(参考記事)Fair Trade Certified™ products highlighted – program helps consumers identify fair trade items from around the globe 
(日本語訳)フェアトレード認証製品に注目 – 世界中のフェアトレード製品の識別を支援するプログラム

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る