ゼロ・カーボン建材Prometheus、10億円超の資金調達

ゼロ・カーボン建材Prometheus、10億円超の資金調達

6月6日、ゼロ・カーボン材料企業のPrometheus Materialsは、シリーズA資金調達ラウンドで800万ドル(約10億円)を調達したと発表した。本資金は、建築家、エンジニア、不動産、施設開発業者へのマーケティングのためのゼロ・カーボン建築製品の商業生産に使用する。

Prometheusは、コロラド大学ボルダー校の科学者とエンジニアによって2021年に設立された。同社は、微細藻類を使用した「バイオセメント」を骨材に混合し、ポルトランドセメント系コンクリートと同等以上の特性を持つゼロ・カーボン建材を製造している。

同社によると、新材料は、毎年40億トンのポルトランドセメントの生産と輸送に関わる炭素集約的なプロセスを回避できる。また、本製品は生産工程で炭素を隔離する。従来のポルトランドセメントをベースとした商品と比較すると、本ソリューションによって体積炭素を約90%削減できるという。

今回の資金調達で得た資金は、コロラド州ロングモントにある同社の施設で、ゼロ・カーボン組積ユニットを製造するために使用する。今後2年間は、従来のポルトランドセメント系プレキャスト屋根瓦や壁パネルなどに代わるプレキャストバイオコンポジット部材や、従来のセメント系生コンに代わる生コンなど、他の建築製品の生産にも資金を使う予定である。

【参照ページ】Prometheus Materials Raises $8 Million To Decarbonize the Building Materials Industry, in Series A Funding Round Led by Sofinnova Partners

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. アルミニウム

    2022-10-5

    資源開発大手Rio Tinto、アルビダ工場にアルミリサイクル施設を新設

    8月26日、資源開発大手Rio Tintoは、自動車・包装・建設市場の顧客向けに低炭素アルミソリュ…
  2. 2022-10-5

    ISCC・Circularise・Shell等10社協働、マスバランス認証を補完するブロックチェーン技術を実証

    9月13日、トレーサビリティ管理プラットフォームの開発を手掛けるCirculariseは、国際サス…
  3. 2022-10-5

    Enel・The European House – Ambrosettiの共同研究、「Net Zero Economy 2050」の結果を発表

    9月3日、エネルギー大手Enel、同社財団のEnel財団、コンサルティング大手のThe Europ…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る