ゼロ・カーボン建材Prometheus、10億円超の資金調達

ゼロ・カーボン建材Prometheus、10億円超の資金調達

6月6日、ゼロ・カーボン材料企業のPrometheus Materialsは、シリーズA資金調達ラウンドで800万ドル(約10億円)を調達したと発表した。本資金は、建築家、エンジニア、不動産、施設開発業者へのマーケティングのためのゼロ・カーボン建築製品の商業生産に使用する。

Prometheusは、コロラド大学ボルダー校の科学者とエンジニアによって2021年に設立された。同社は、微細藻類を使用した「バイオセメント」を骨材に混合し、ポルトランドセメント系コンクリートと同等以上の特性を持つゼロ・カーボン建材を製造している。

同社によると、新材料は、毎年40億トンのポルトランドセメントの生産と輸送に関わる炭素集約的なプロセスを回避できる。また、本製品は生産工程で炭素を隔離する。従来のポルトランドセメントをベースとした商品と比較すると、本ソリューションによって体積炭素を約90%削減できるという。

今回の資金調達で得た資金は、コロラド州ロングモントにある同社の施設で、ゼロ・カーボン組積ユニットを製造するために使用する。今後2年間は、従来のポルトランドセメント系プレキャスト屋根瓦や壁パネルなどに代わるプレキャストバイオコンポジット部材や、従来のセメント系生コンに代わる生コンなど、他の建築製品の生産にも資金を使う予定である。

【参照ページ】Prometheus Materials Raises $8 Million To Decarbonize the Building Materials Industry, in Series A Funding Round Led by Sofinnova Partners

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る