McKinsey、気候変動と持続可能性に関する顧客のスキルアップを支援する「サステナビリティ・アカデミー」を開始

McKinsey、気候変動と持続可能性に関する顧客のスキルアップを支援する「サステナビリティ・アカデミー」を開始

10月17日、グローバルな経営コンサルティング会社であるMcKinsey & Companyは、「サステナビリティ・アカデミー」を立ち上げると発表した。本プログラムは、ネット・ゼロ移行に向けて、クライアント企業の取締役会、役員、社員のスキルアップを支援し、サステナビリティに関するリスクや機会への対処を可能にすることを目的としている。

McKinseyによると、本プログラムは、ESG目標の達成に向けた共通の課題である「サステナビリティ戦略」を策定している企業が100%ある一方、目標達成のための知識や能力があると考える企業はわずか40%であるという調査結果を受けて、顧客がその課題に対処できるようにするために導入される。

本取り組みは、McKinseyが昨年立ち上げた、2050年までにネット・ゼロを達成し、2030年までに二酸化炭素排出量を半減させるために、業界を問わず顧客の変革を支援するプラットフォーム「マッキンゼー・サステナビリティ」と、気候変動に関する取締役会やハイレベルの経営者を養成する「マッキンゼー・アカデミー・フォー・サステナビリティ」に続くもので、「マッキンゼー・アカデミー・フォー・サステナビリティ」プログラムは、マッキンゼー・アンド・カンパニーが開発したものである。

サステナビリティ・アカデミーは、McKinseyのサステナビリティ部門のコンサルタントと、クライアントに特化した能力開発センターであるマッキンゼー・アカデミーの学習専門家によって設計されたプログラムである。本プログラムは、「習得、適用、維持」というアプローチに基づき、正式な学習体験、実社会の状況における能力の適用、組織の持続的な行動変容を支援することを目的としている。

サステナビリティ・アカデミーは、シニアリーダーを対象とした「エグゼクティブ・マスタークラス」と、企業全体を対象とした「サステナビリティ・トランスフォーメーション・エッセンシャルズ」の2つのプログラムからなり、気候変動、ネット・ゼロ方程式、新しいビジネス機会の獲得などのサステナビリティの中核となる概念を学ぶことができる。

【参照ページ】
(原文)McKinsey’s new Sustainability Academy helps clients upskill workers for the net-zero transition

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る